ブータンの公用語

  ブータンの公用語はゾンカと英語です。ゾンカはブータンの国語であり、学校の国語の時間では必ずゾンカが教えられています。歴史的に学校では英語で授業が 行われていて、ブータンの子供は英語を上手に話すことができます。ブータンの学校、役所、会社などでは事務的に主に英語が使われています。英語を話すこと が出来れば、ブータンに旅行してことばで困ることはほとんどありません。

 ブー タンは小さい国でありながら、ブータン全土ではだいたい19もの異なった言語が使われております。なぜこんなに多くの言葉が使われてきたのでしょうか。 ブータンは険しいヒマラヤの山国で、昔から山を隔てた地域と地域の間で人の交流が少なく、長い間それぞれの地域で独自の言語文化が発達してきたからです。

  ブータンの言語についての記録によると12世紀には、ティンプー、プナカ、パロ、ハやダガナなどブータンの西の地域でゾンカを話し言葉として使われていま した。シャブドゥン・ンガワン・ナムゲルは1616年チベットからブータンにやって来て国を統一し、ティンプーとプナカを宗教と政治の中心にしました。国 全体ではいろいろな言語が使われていたので、国を治めるためにゾンカをブータン全体の共通語として使いました。3代国王ジグメ・ドルジ・ワンチュクはこれ まで国際的に閉鎖状態であった国を世界に開き、変化と発展の新たな時代に国を導きました。3代国王の選んだ最も重要な政策の一つが英語による近代的な教育 を推進したことです。この教育を受けた人は英語圏の外国で言葉の障壁をもつことなく先進的な教育を受けることができました。3代国王はまた国としてブータ ン独自の文化と伝統を守ることも非常に重要であると考え、1971年にゾンカがブータンの国語であると宣言し、国の独自性を維持するためにゾンカの保護と 普及の政策がとられました。ゾンカ開発委員会(DDC)が1986年に創設され、ゾンカの標準化、文法、文字の表記法、コンピュータによる言語処理などゾ ンカに関する研究を推進しました。この組織はゾンカの国民への普及と学校での教育などに指導的な役割を果たしてきました。文字については、チベットから伝 わっていた文字にゾンカに合うように表記法に修正を加えました。技術の進歩に合わせて、新しいゾンカの単語も作られています。DDCの活動については、 DDCのホームページで詳しく報告されています。また、ここでゾンカの文法や辞書など、ゾンカに関するいろいろな知識が得られます。

  ブータン政府はゾンカの保護と開発を強力に推し進めていますが、公用語をゾンカに絞ろうとか、英語の使用を減らそうという動きは特にありません。ゾンカに は例えば自然科学や技術の分野で表現できる言葉がないものがあるなどの問題があるので、今のところブータンの人にとっての英語の重要性は変わりません。

  ブータンの主な新聞はクエンセルですが、英語版とゾンカ版が発行されています。ゾンカ版は英語版のおよそ1/3しか発行されていません。ブータン人でもゾ ンカ版より英語版の新聞の方を好む人の方が多いということです。ブータンの放送局はBBSですが、ここでもゾンカ語と英語の両方で放送されています。この ために2元放送を使っているのではなく、時間帯で切り替えて放送しています。

  ゾンカ語を母国語として育った人は国民の28%で、国民の55%が基本的なゾンカを読み書きができるという統計データがあります。ブータンの学校ではどの 段階でも重要な科目としてゾンカを教えていていますが、大部分の生徒にとってゾンカは難しい言語で、重い負担になっているようです。

free joomla templatesjoomla templates
2017  bhutanjoomla2   globbers joomla template