ふるさと希望指数(LHI Local Hope Index)とは

 

「希望」とは・・・将来の実現を願うこと

「幸福」とは・・・現在の満足のこと

 

 現在の満足度を示す「幸福」ではなく、人々が将来や次の世代が良くなることを願う「希望」を高めるため、「希望」につながる要素を抽出し、策定されたものが「ふるさと希望指数(LHI:LocalHopeIndex)です。

 

  2011年3月11日に三陸沖を震源とする東日本大震災が発生しました。この地震によって、多くの方々の尊い命が失われ、家族、住宅、仕事など人々の生活 の基盤が奪われました。しかし、このような困難な状況下においても、人々は懸命に前を向き支え合って復興への道を歩んでいます。そして、被災者をはじめ多 くの人たちが、さまざまな場面で「希望」を語り、あきらめることなく行動を起こしています。

 東京大学社会科学研究所を中心とする学際研究「希望学」は、「希望」を「行動によって何かを実現しようとする願望」であると定義しています。また、「希望」は不えられるものではなく、つくるものであり、行動を通して他者と共有されるとしています。

  グローバル化や人口減少、超高齢化が進展する中で、日本の活力を高めることを目指す私たちは、今や「希望」を単なる理念から政策の課題に進歩させなければ なりません。ふるさと希望指数(LHI)は、現在の満足を表す「幸福」の視点を超え、「希望」を現実の政策目標とするため、我が福井県をそのリーダー県と して、青森県、山形県、石川県、山梨県、長野県、奈良県、鳥取県、島根県、高知県、熊本県ら地方が協力してつくり上げたものです。

 この指 数の特徴は2つあります。第一に、「希望」につながる5つの分野(①仕事②家族③健康④教育⑤地域・交流)、分野ごとに4つの要素を抽出したものであるこ と。第二に、人々の行動と結び付いた要素を選んでいるところです。人々の「希望」がどのような要素から生まれるのかは、全国で行った約4,000のアン ケートで検証しています。

 人々が「希望」を育み、広げていくことが、ふるさとに対する自信と誇りにつながっていきます。そして、人々が、 「希望」を持ってチャレンジし続けることにより、世代をつなぐ「希望」が生まれ、活力に満ちた未来を実現することになると考えています。ふるさと希望指数 (LHI)を活用することにより、人々がふるさと(地方)の良さを再認識し、「希望」につながる「行動」が促進されることを期待しています。

free joomla templatesjoomla templates
2017  bhutanjoomla2   globbers joomla template