福井県ってどんな県?

 福井県って、いわゆる大都会があるわけでもなく、また、全国的に話題なることも少ないためか、国民の間ではあまり馴染みがなく、認知度が低いマイナーな県のひとつかと思われます。ただ、昨今は原発の再起動問題や高速増殖炉もんじゅなどでマスコミの記事になることが多いです。
 一方、これまで大手出版社や大学院などによる調査や統計では、総合的に見て本県は住みやすい県であるとか、幸福度の高い県であるとしばしば発表されております。
 福井県民の多くは、このような良い面をあまり実感していないようですが、改めていろいろなデータを調べて見ると、なるほどそうだったのかと頷けるようなところがあります
 その真偽のほどはさておき、本県をよくご存じない方々のために本県の概要とくらしぶりの一部をご紹介します。
 福井県は北陸3県のひとつとして、本州のほぼ中央部の日本海側に位置し、山あり、川あり、湖ありの自然豊かな地域で、春・秋は温暖ですが、梅雨もあり、夏は暑く冬は多量の雪が降るなど、四季の特徴が際立つ地域です。
 面積は約4200㎢の小県で、森林が75%を占めています。現在、県庁所在地の福井市(人口約27万人)をはじめ、県内には17市町あり、こじんまりとまとまりやすい県と言えるでしょう。
  アクセスはJR北陸線、北陸自動車道に加えて、北陸新幹線が平成37年までに敦賀まで整備される予定です。県内に空港はありませんが、JR福井駅と石川県 の小松空港とは直通空港バスで1時間未満です。また関西と結ぶ近畿自動車道敦賀線も平成26年度に北陸自動車道敦賀ICまで全線開通予定です。さらに中部 縦貫自動車道が将来、北陸自動車道の福井北ICと結ばれると、大野・勝山を経由しで北信越・中京地域と結ばれます。そうなれば、企業誘致や観光・物流面な どで今後いっそうの発展が期待されます。
 本県の観光としては東尋坊、永平寺、一乗谷朝倉氏遺跡の他、現在は世界3大恐竜博物館のひとつである県 立恐竜博物館が脚光を浴びています。また、ラムサール条約登録湿地の指定を受けた三方五湖や中池見湿地もあります。夏の日本海でのマリーンリゾートや冬の スキージャム(勝山市)などでのウィンターリゾートなど、四季折々に楽しめる観光スポットもたくさんあります。
 また、歴史的に京や奈良の都のある畿内地域とのさまざまな交流に加え、渤海などの対岸諸国との交流が盛んだっだ地域であり、国内でも有数の歴史の豊富な地域であるように感じられます。人口10万人当たりの神社仏閣の数も全国トップクラスです。
 また、豊かな自然を生かし、本県発祥のこしひかりの稲作が盛んで、米がおいしく、越前ガニやいか・ぶりなどの海の幸も豊富であり、また、水もおいしいため上質の日本酒にも恵まれています。
  産業では、伝統工芸産業(和紙、漆器、打刃物など)や地場産業としては繊維や眼鏡産業が盛んで、日本の眼鏡枠の生産量の約95%を占めてます。また、発電 産業の他、電気機械・一般機械産業で、先進的な技術を有する中小企業も多く、本県の有効求人倍率の高さは過去2年間、連続全国1位になるなど常に上位にあ ります。
 本県は人口が約80万人で世帯数が約28万世帯、そのうち、3世代世帯が約18%。1世帯当たり人数は約2.9人でともに全国トップク ラス、また、夫婦共働き率が約60%、1世帯当たりの年間所得は730万円以上でこれまた全国トップクラスです。また、公共交通機関が利用しにくいことに も起因しますが、 1世代あたりの自動車保有率は2台以上で全国トップクラス。持ち家比率は約77%で、持ち家の広さとともに全国トップクラスです。一方、保育所など子育て の環境も整備され、合計特殊出生率は全国上位にあります。さらに、元気な高齢者が多く、平均寿命は男女とも全国上位にあります。
 こうした恵まれ た雇用環境、住環境、家庭環境とともに、信仰心が厚く、人情の厚い風土の中で、おじいちゃん・おばあちゃんとともに3世代で仲睦まじく平穏に、また子ども たちはのびのびと暮らす世帯が多く見られる福井県です。そのためか、こどもたちの身体能力や学力面でも全国トップクラスです。また、犯罪や火災などの事件 事故も少ない、安全安心な地域でもあります。福井県は、県の特徴として、健康長寿な県、子どもを産み育てやすい県、よく働きしっかり蓄える県民性、文武両 道の教育環境を上げています。

 以上、本県の概要と暮らしぶりを垣間見てきましたが、一方で国民総幸福量(GNH)を高めることを国家目標とし、現在、国民の多くが幸せと感じているブータン王国と、他方で「ふるさと希望指数」(LHI)を研究の対象に掲げて、県民の夢や希望を高めることにつながる行政施策に反映させようとする本県とは、文化や風土、さらには生活様式など様々な面において、何か共通点があるように思います。

free joomla templatesjoomla templates
2017  bhutanjoomla2   globbers joomla template