タシガンで高い10代の妊娠率

2017年7月14日 ニュース

 妊娠を祝う多くの女性とは異なり、17歳のティーネイジャーは、彼女が妊娠していると知らされたとき当惑していた。

 相手が妻として受入れることを拒否されたその未成年は、非常にうろたえていた。彼女の話は、2人の上の姉の場合と似ていて、その姉たちもまた17のとき、妊娠していた。 

 姉たちは、若くして母になることはいかに困難なことかについて彼女に注意したと彼女は述べた。「姉たちはそれらの夫に彼女らの面倒を見させることが出来た。私の場合の方が、もっと悪い」と彼女は言った。

 彼女は学校を退学した。彼女はクラス6までは修学した。彼女は彼女の相手チミ・ノルブさんに、昨年の6月に電話で会うことを要求した。彼女は、そのとき離婚の瀬戸際にいた両親と一緒にいた。

 彼女の両親が去っていなくなった時、彼女の相手に援助して欲しいので、彼が彼女と一緒に住むようにと、彼女が要求した。彼女の相手は、ゾンカクの裁判所で法的な訴訟の最中であった。「しかし、彼は私が妊娠していると知ったとき、彼は来ることを拒否し、私の電話にも、出ることを拒否した」

 彼女は先月男子を生んだ。「私が出産のために病院に連れられたとき、彼はそこにはいなかった」と彼女は言った。彼女はそのとき16歳であった。

 チミ・ノルブさん、22歳は、彼女と一緒にいたときに、彼女がてんかんに似た病気にかかっているこを知らなかったと言った。「彼女が発作を起こすと、私は怖くなる」と彼は言った。「私は、その病気について、彼女の両親からも、彼女からも何も知らされていなかった」

 彼は彼女が病気に罹っている間は、彼女と一緒に居たくないと言った「彼女は私に対してどんな法的な訴えも起こすことができるが、私は彼女と一緒に居ることはできない。もし彼女が子供の面倒を見ないならば、私はその子供を引き取ることはできる」

 しかし、その10代の母と、姉のニマ・ザンモさんは、チミ・ノルブさんは、彼女の病気を知っていたと抗議した。「彼は、私が意識を失うとき、私を助けてくれたものだった」と彼女は言った。「彼は父親の責任を取りたくないので、嘘を言っている」

 彼女だけが10代の母ではない。タシガン・ゾンカクの保険職員は、タシガンにおいて10代の妊娠を減らすために、昨年から自覚と援助のための活動プログラムをスタートさせたと言う。

 ゾンカク副主任保健職員ツェワング・ドルジさんは、10代の妊娠の件数は、この活動プログラムの開始以来、減ってきたと述べた。

 2015年に、タシガン・ゾンカク全体で、49人の10代の妊娠者がいた。昨年はこの数が45人になり、今年はこれまでに21人である。

 「今年の10代の妊娠者の数が徐々に減少していることは、援助の活動が終わった後に認められた」とツェワング・ドルジさんは言った。

 この活動プログラムの目的は、10代の妊娠を減らすことと、妊婦の死亡率を低くすることであると彼は述べた。「妊婦の死亡は、直接10代の妊娠に関係がある。身体が妊娠の準備が出来ていないときには、合併症や不慮の死に陥ることが有り得る」

 2015年に、そのゾンカクで4例の妊婦の死亡が起った。昨年は2例に減った。

 ゾンカク副主任保健職員は、たいていの10代の妊娠の場合は、アルコールの消費結果、親になるガイダンスの欠如と仲間のプレッシャーに関係があると述べた。「彼らは無知であるために、緊急の避妊ピルやコンドームの使用に失敗をしている」

 10代の妊娠は関心事であり、特に東部に多く、その数は極めて多い。「われわれはできるだけ早く、対策を講じなければならい」

 このプログラムは、タシガン・ゾンカクの中のすべての15のゲオとカレッジを含む後期中等学校を網羅されていたけれども、来月からは残りのすべての学校と、対象の地域で、そのプログラムを始めなければならない。

 その後、その10代の母にとって、それ以上の苦痛が、彼女の相手により残された。彼女が生まれて17日の息子を、父親なしとして国民調査に登録できるかどうか、非常に当惑している。「私の息子を国民調査に登録するために、私の夫の詳細が必要であると言われた。私の息子に何が起こるか、私にはわからない」

 ヨンテン・ツェドゥ|タシガン

free joomla templatesjoomla templates
2019  bhutanjoomla2   globbers joomla template