教育省は国立トップの学校をランク付け

2018年2月12日 トップ記事

  9つのセントラル・スクールは、2017年度にクラスXとXIIレベルでトップ10に入る教育成果を挙げた学校である。ウゲンアカデミーとルンツェ・ハイヤー。セカンダリ・スクール(HSS)はどちらのレベルでもトップクラスに選ばれた。
 これは2月10日に発表された教育調査部門の学校年次ランキングによる。

 

 

 得点表は、学習得点表(ALS)の品質評価を可能にする実践とGNHという3つの領域に基づいていた。
 学校教育庁のプンツオ・ラモ氏は、ALSは、学習達成度が45%、60%、および70%を超える学生の割合など、学生の学業成績向上に関する学校の成果を測定したと語った。 「それはまた、単なる暗記学習ではなく本物の学習に重点を置いています。 ALSは、前年度の学校の学習評価を考慮して、教育モニタリングおよび支援サービス部門によって評価されています」

 

 品質評価を可能にする実践得点カードは、学校運営の重要なプロセスや実践、教育と訓練の質と影響、インフラストラクチャー、学校計画プロセスの有効性を測定する。

 

 GNH得点カードは、教育調査課(Education Monitoring Division:EMD)によって作成されたGNH指標によって測定される、学校におけるGNHの価値と実践に対する達成度を測定する。

 

 タシガンは、クラスXとクラスXIIの両方でトップランクの学校数が最も多くなっている。 ジグミ・シェルブリン・セントラルスクール(CS)、ランジュン、ドゥンツェ CS、トゥムシンCS、ラディ・ミドル・セカンダリ・スクール(MSS)などである。
 ティンプーの高等学校はいずれもトップ10に入らなかった。
 全部で9つの私立学校がトップ10に入っている。

 

 6つの私立学校を含む14の学校がクラスVIレベルのトップ10の学校の中で、同順位となった。 サルパンはトップの学校が4校で最も多く、ペマガッツェルがそれに続いて3つ、ティンプー・トムデに2つ、パロ、タシヤンツェ、ティンプー、シェムガンからそれぞれ1つずつ、4つのトップクラスの学校がある。

 

 今年は、3つの私立学校を含む28の学校がクラスポイントを獲得し、クラスIIIレベルのトップ10にランクインした。
 測定システムはまた、学校の自己評価報告と年間の学校改善計画にもつながる。 自己評価レポートは、学校が改善の分野を特定するのに役立つ。 改善計画は、改善目標を達成するための行動計画として設計されている。

 

 年間の学校ランキングは、クラスIII、VI、XおよびXIIの学習得点表、クラスXおよびクラスXIIの公的試験の成績によっても決定される。
 プンツオ・ラモ氏は、学生の評価法の一つであるルーブリック法と確立された評価法に基づいていると述べた。   

 

 すべての学校の評価は、毎年教育省に提出される。 トップクラスの学校は、証明書を授与される。
 2015年に教育調査課は、学問的な学習成績を大幅に改善した学校の認知を始めた。 4つの異なるカテゴリーで有意な改善を示した上位10の学校にも証明書が与えられた。

 

 2017年には評価得点が92.02となったプナカのダシディンHSSは、クラスXIIレベルの10の著しく改善のカテゴリーをトップとなり、続いてモンガルのギェルポシンとサムツェのペルジョァリンHSSが続いた。
 4つの私立学校 – サルパンのロゼル・ギャムツォ・アカデミー、ティンプー・トロンメのペルキルHSSとニマHSS、サムドゥプジョンカのドゥンサ・アカデミーHSSも今年著しく改善のカテゴリーに入った。
 タシガンのウジョロンCS、サムツェのテンドゥCS、ティンプー・トムデのジルカMSS、およびチャンガンカMSSは、クラスXレベルで著しい改善のカテゴリーになった。
 ヤンチェン・C・リンシ

 

free joomla templatesjoomla templates
2018  bhutanjoomla2   globbers joomla template