3.  教育行政と管理

 ブータンの教育行政の責任は、教育省(MoE)、王立教育評議会(REC)、ブータン学校試験・評価審議会(BCSEA : Bhutan Council for School Examination and Assessment) 、労働人的資源省(MoLHR : Ministry of Labour and Human Resources)、高等教育機関、 ゾンカク、トムデ(Thromdes)、ゲウォ(Gewogs)、各学校の間で共有されている。 僧院教育は、中央の僧院本部と、個人的に管理されている独立した僧院と尼僧院の間で責任を持つ。

 教育省は、初等教育と中等教育を含む学校教育、非正規および継続教育の政策立案、計画および管理を担当している。 教育省はまた、国外の学部奨学金、および高等教育に関わる政策の設計とその実践を行っている。 BCSEAは国による教育の評価を実施するが、王立教育評議会はカリキュラムの開発とその調査評価を担当する。

 ゾンカクとトンデの地方行政は、正規と非正規の両教育部門でその責任領域を任されている。その責任領域には、学校施設の建設と維持管理、教育用教材の供給、ゾンカク / トムデ内での教員の配置、および 国の政策実行などが含まれる。ゾンカクとトムデの教育事務員は、これらの責務を果たすことに務める。そのすべて人は、それぞれの関係機関に報告書を提出している。

 労働人的資源省は、クラスXの卒業生に、技術・職業的教育と訓練を提供する責任がある。 同様に、高等教育機関は、クラスXIIの卒業生に高等教育プログラムを提供する責任がある。

  以下にブータン教育省の組織図を示す。

 

 

教育統計記事一覧

Joomla templates by a4joomla