ラヤの帽子が消える

2017年11月11日 ニュース

 たった2人のラヤッパだけが竹の帽子を編む技術を知っている

 ラヤの女性の特徴の1つは、色とりどりのビーズを付けた竹の帽子を被ることである。 帽子は頭を覆い難い。帽子は雨や太陽から彼らを守っていないが、今日のラヤの若い女性たちのために帽子は、お祭りで着るために保存された装飾品の一つである。
 帽子は10年前には毎日着用されたが、今日はもはや、それはない。今日、竹の帽子を織ることができるのは、ラヤのネイル・チオの一人の男性と一人の女性の二人だけである。 ラヤには5つのチオがあり、人口は12,000人を超えている。
 ドルジさんは52歳、チミ・デムさんは47歳である。
 ドルジさんは、若い人たちは帽子の織り方を学ぶことに興味がないと言った。「帽子が消えていくのは問題だ。 それが私と一緒に死ぬかもしれないと心配している。 誰も作り方を学ぶことに興味がありません」と彼は言った。

 ドルジさんは600 Nuでその帽子を販売している。彼が最も多く帽子を売ることができたのは、地域のチェチュとロイヤル・ハイランド・フェスティバルの期間であった。 今年は約40個の帽子を売ることができ、彼は24,000 Nu儲けることができた。
 チミ・デムさんは、一つの帽子を織るのに一日かかると言った。 彼女はトングチュドラから材料の竹を集めるのに一日かかると言った。ラヤからガサに向かって4時間歩いてトングチュドラに行き、そこからラヤに荷物を運ぶために7時間かかる。
 「帽子を被る女性の数は大幅に減少した。 彼らは祭りの期間中にだけ、それを購入する」と彼女は言った。

ドルジさんは、毎日帽子を被っている高齢の女性は、彼の常連のお客さんであると言った。 「帽子は一年しかもたない」
  チョグラのダワ・ペムさん(57歳)は毎日帽子を被っているが、ラヤのライフスタイルは変化していることがわかった。 「古くからの慣習は消えつつある」と彼女は語った。 「ユニークな工芸品は、観光客や外部からここに来た人たちを魅了する唯一のものである。 このユニークさを保つことができなければ、私たちを訪れる人ほ無くなるでしょう」
 ニマ

free joomla templatesjoomla templates
2018  bhutanjoomla2   globbers joomla template