ブータン概説

 地理

 ブータンは、インドとチベットに挟まれた、東西に広がるヒマヤラの山岳地帯に位置する王国です。その面積は、約38,000平方kmで九州とほぼ同じ、あるいはスイスやオランダに近い広さです。日本の丁度1/10の面積でもあります。地球上の位置を示す緯度は、北緯26.7度から北緯28.0度までの間にあり、およそ日本の沖縄諸島の緯度に相当します。経度に関しては、東経 88度から92度の範囲にあり、日本との時差は3時間(遅れ)です。
 ブータンとインドとの国境沿いのところは標高200mまでの低い地域ですが、インド国境から北に向かうとすぐに1,000mを超えるような高地となり、国の北部においては 5,000mを超えるヒマヤラ山脈の高地となっています。ブータン全土が、平坦な土地がほとんどない高地と言えます。ティンプー(首都)、パロ、プナカ、トンサ、ジャカール、モンガル、タシガンなどのブータンの主要な町は、標高1,500mから3,000mまでの東西に広がる地帯に存在しています。これらの町では、高地のために夏は日本より涼しく、冬の寒さは本州の都市の寒さとあまり変わらなく、積雪はそれほど多くありません。なお、プナカについては海抜 1,350m前後と比較的に低いために冬も温暖です。

 国の成り立ちと発展

 チベットからブータンにかけて、7世紀ごろから17世紀までチベット仏教のいろいろな宗派が入り乱れて支配していましたが、1616年チベットから亡命したドゥク派の僧であるンガワン・ナムゲルが、ブータンを政教一致の国家とするための枠組を作ることに成功しました。その後、チベットやモンゴルからの軍の侵攻がありましたが、それらを撃退してブータン国としての統治を続けました。 1907年、ブータンの中央に位置するトンサ郡の豪族ウゲン・ワンチュクが、ブータン全土への影響力を強めて世襲藩主に就任して、初代の国王となりました。その後、1952年国王に就任した第3代国王と1964年に就任した第4代国王とによって、国の近代化、国際化が進められ、国家としての体制が確立しました。
 特に第4代国王は、2006年12月に自ら王位譲渡を宣言し、2008年11月のジグミ・ケサル・ワンチュック第5代国王の誕生に導くことになりますが、2007年12月に上院選挙、2008年3月に下院選挙を実施し、二院制による議会制民主主義に移行させ、ブータンに立憲議会制民主主義を確立させることに尽力しました。また、国王の定年制なども明記した最初のブータン国憲法が2008年7月に発布されました。ブータンは国の政策の理念としてGNHを提唱して世界を驚かせましたが、新憲法はこのGNHを実現することを目指した内容となっています。
 最初の下院選挙では、DPT:Bhutan Peace and Prosperity Party (ブータン調和党)が、勝利して、政権を担うことになりました。しかし、その5年後の2013年7月の第2次の下院選挙では、それまで野党だったPDP:People’s Democratic Party (国民民主党<)が勝利して、与野党逆転が起こりました。さらに第2次の政権が誕生してから5年が経過し、現在2018年8月の時点で、第2次国民議会は解散され、来月9月中に行われる総選挙で、どの政党が第3次の政権を担うことになるか、最大の国民の政治的関心事になっている。

 民族と言葉

 国の人口は約70万人で、チベット系、東ブータン先住民系、ネパール系などの民族から成っています。それぞれの民族に独自の言語が存在しますが、ブータン政府は主に西ブータンで使われていた言語であるゾンカを国語に決めて、国のアイデンティティを保持するためにその普及に力を入れています。教育の場では初等教育から英語が使われており、ゾンカの他に英語も公用語としています。なお、ブータンの人々は民族的に体格や顔つきが日本人に似ています。

 GNHについて

 GNHとはそれまでよく知られたGNP(Gross National Product)のProduct(生産)のところをHappiness (幸福)に置き替えた頭字語です。 GNHは「国民総幸福量」または「国民総幸福度」などと邦訳されています。GNHの基本概念は、第4代国王が1979年に初めて表明したことですが、ブータンは国の政策として、「GNPまたはGDPの数値で測られる国の経済成長よりも、GNHで測られる国民全体の幸福量をより重要視する」と宣言されています。GNHを政策として実現するために、以下の4つの柱が設けられています。
それらは、

  • Sustainable and equitable socio-economic development.(持続可能で、公正な社会・経済の発展)
  • Conservation of our fragile Himalayan ecology.(傷つきやすいヒマラヤの自然環境の保全)
  • Preservation and promotion of our culture.(ブータン固有の文化の保護と発展促進)
  • Enhancement of good governance.(優れた統治の実現)

 ブータンは、2005年にブータン国民に対するアンケート調査を行った結果として、大多数の国民が自分は幸せであると感じていると、主に日本人によって大きく取り上げられました。しかし、GNHの理念は、現実の政策を決める上での評価基準としても使われているので、国の研究機関によって、GNHの理念に沿った国民の全体の真の幸福度を見出すための大掛かりな調査が、2010年と2015年に行われました。これらの調査の際には、人々の幸福とは何か、人々の幸福度を測るためには、どのような指標を選択すべきか、アンケートのデータから、数値化された幸福度を算出するためには、どのような統計学的処理が適切であるかなどについて、真摯で公正な研究が行われました。ブータンは国連を通して、世界の国々がGNHの考え方をその国の政治の基本理念とすることを希求しています。 
 国の近代化は近年着実に進んできており、国際化、農村から首都への人口集中、インターネットや携帯電話などの情報通信機器の急速な普及などが見られます。一方先進国においても共通に起こっている国の近代化による負のインパクトは、ブータン社会でも免れない状況にあります。このような状況の中で、政府は伝統的な精神文化の保護および継承を前面に掲げながら、GNHに基づいた社会変革に、国民全体が真摯な政治的挑戦を行われています。
 200811月に即位したジグミ・ケサル・ワンチュック第5代国王は、婚礼を挙げたばかりの妻(王妃)と共に来日し、東日本大震災の被災者に対するお見舞いと激励のことばを日本国民に伝えて、日本とブータンとの友好親善の絆をなお一層強いものとしました。

 開発5カ年計画

 1961年に最初の開発5カ年計画が発表されて以来、5年毎に次々と5カ年計画を発表して、ブータンの近代化を進めてきました。 現在までその成果は着実に現れてきています。現在は2014年から2018年までの第11次開発5カ年計画が実施されていて、同時に第12次計画の策定作業が終盤にきています。開発5カ年計画には、政治、経済・産業、教育・文化、医療、通信、国土環境、道路など、行政のすべての面での事業計画が記述されています。
 ブータンの最も重要な産業は、水力による発電事業です。ブータンの現在の水力発電の能力は、全部合わせて150KWを越えていますが、2020年までにその能力を飛躍させて、1,000KWを目標とする計画が立てられています。発電した電力のほとんどが隣国インドに輸出され、水力発電は国家の重要な外貨獲得の財源となっています。

 人々の生活

 宗教については、国民の一部のネパール系の人たちはヒンドゥー教を信仰していますが、国の主要な宗教はチベット仏教です。ブータンの人は仏教を深く信仰しており、伝統文化や生活習慣にはチベット仏教が深く根づいています。人々は生命の輪廻転生(reincarnation)を信じ、お墓を作らず、すべての生き物の殺生を嫌います。ブータン式の農家には、仏壇のある仏間があります。ブータンのどこの村にも寺院がありますが、チベット仏教は、日常的な生活にきわめて不便な高い山の斜面に大きな寺院を作る傾向があります。
 ブータンで最も人気のあるスポーツは、アーチェリー(洋弓)です。単に競技の技術を競うというより、競技の中に踊りを取り入れるなど、社交的なスポーツとなっています。
 ブータン全土は、20のゾンカクという地方行政区に分かれています。それぞれのゾンカクに、たいていひとつのゾン(城)が存在します。ゾンは以前は軍事的な要塞の役割がありましたが、現在は僧院としての役割と地方行政の庁舎の役割を持っています。言わば、お寺に県庁が同居したようなものと言えますが、それぞれの村や町のシンボル的な建物で、観光スポットとして人気があります。首都ティンプーにある巨大なゾンがタシチョ・ゾンであり、ブータン宗教界の最高位であるジュ・ケンポが居住し、国王もそこで執務を行っています。また、ウォンディ・ポダンのゾンは、前述したンガワン・ナムゲルが1639年に創建した歴史的に重要なゾンでしたが、2012年6月の大火で焼失して人々を驚かせました。
 ブータンの人々はゾン、学校、政府機関、寺院および公的な行事が行われる場所では、男性はゴ、女性はキラという民族服の着用が義務づけられています。さらにゾンに入るときや寺院や役所で高い地位の人に会うときなどは、民族服の上に男性はカムニというスカーフ、女性はラチューという肩掛けを着用しなければならないという、正装に対する作法がまもられています。政府高官が身に着けるカムニは国王から贈られるもので、その色は社会的な地位を表しています。

 ブータンと日本の関係

 1964年、まだ日本とブータンとの間の正式な国交が樹立していないとき、大阪府立大学農学部、同大学院修士課程を修了し、大阪府立園芸高等学校に勤めていた西岡京治氏は、農業技術の指導のために、ブータンに渡りました。西岡氏は、日本的水稲栽培から、野菜・果樹栽培などに関わる種子・種苗の生産、農作物の品種改良、耕運機や穀類収穫処理機械などの農業機械の導入など、農業一般にわたる農業技術指導に専心し、1992年に不慮の死を遂げるまでの28年の長きにわたり、ブータン国民に多大な貢献をしました。ブータンの国民から、「ブータンの農業の父」と呼ばれて、感謝、尊敬されました。また、5年間にわたり、ブータン中央部の南部のシェムガン県の山林地帯に飛び込み、村民が定住して農業を営むようにするための総合地域開発を指導・先導して、このプロジェクトを成功させました。ブータン国王は、西岡京治氏にたいして「ブータンの最高の人」を意味する「ダショー」の称号を与えて、西岡氏のブータンにおける業績を高く評価し、国民の称賛と謝意を伝えました。
 1981年に、それまでにブータンについて学術調査・研究を行ってきた人々が中心になり、日本・ブータン友好協会が設立されました。これは日本とブータン間での民間レベルの交流を通じて両国の相互理解を深め、友好親善を促進することを目指しています。1986年、日本とブータンとの間に正式に国交が樹立されました。
 1989年には第4代国王が昭和天皇の大喪の礼に出席し、1990年の天皇陛下の即位の礼にも来日して、民族服を纏った来賓は特別の注目を浴びました。1990年の大阪で開かれた「花と緑の万博」に、ブータンの国花である「青いケシ」が展示されて話題を呼びました。1988年から、ブータンの発展を援助するためのボランティアとして青年海外協力隊(JOCV)、2001年からシニア海外ボランティア(SV)が、JICA(国際協力機構)から毎年派遣されるようになりました。
 日本はブータンに対するODA援助として、無償資金援助(これまでの総額約300億円)を含む2国間援助事業を継続的に行ってきました。2006年からブータンへの経済協力の金額は、特別の関係にあるインドを除けば、出資額で日本は世界トップになった時期もあります。
 20176月に、ブータン国王の招待で、秋篠宮眞子さま内親王がブータンを訪問され、ティンプーで催された第3回ロイヤル・ブータン花展覧会に来賓として参加されました。眞子さまの控えめで、友好的な言動は、多くのブータン人に、日本の皇族および国民に対する近親感を感じさせ、日本とブータン両国間の友好親善の進展に貢献することになりました。
 ブータンを訪れる日本人観光客の数については、2012年においてその数が7,000名を超える時期がありましたが、その後徐々に減少する傾向にあり、2017年の年間日本人の観光客数は2,744名で、世界中の各国からの観光客の数と比較して、11番目となっています。

free joomla templatesjoomla templates
2018  bhutanjoomla2   globbers joomla template