ブータン概要

地理

 ブータンは、インドとチベットに挟まれた、東西に広がるヒマヤラの山岳地帯に位置する王国です。その面積は、約38,000平方kmで九州とほぼ同じ、あるいはスイスやオランダに近い広さです。日本の丁度1/10の面積でもあります。地球上の位置を示す緯度は、およそ日本の沖縄諸島に相当する高さで東経 88度から92度の範囲にあり、日本との時差は3時間(遅れ)です。
 ブータンとインドとの国境近くが海抜約200mぐらいですが、インド国境から北に向かうとすぐに1,000mを超えるような高地となり、北の国境近くは 6,000mを超えるヒマヤラ山脈の高地となっています。ティンプー(首都)、パロ、プナカ、トンサ、ジャカール、モンガル、タシガンなどのブータンの主要な町は、海抜1,500mから3,000mまでの東西に広がる地帯に存在しています。ブータン全土が山地であり、平坦な広い土地がほとんどありません。これらの主要な町では、高地のために夏は日本より涼しく、冬の寒さは本州の都市の寒さとあまり変わらなく、積雪は少ない(プナカについては海抜 1,350mで比較的に低いために冬も暖かい)です。

民族と言葉

 国の人口は約70万人で、チベット系、東ブータン先住民系、ネパール系などの民族から成っています。それぞれの民族に独自の言語が存在しますが、ブータン政府は主に西ブータンで使われていた言語であるゾンカを国語に決めて、国のアイデンティティを保持するためにその普及に力を入れています。教育の場では初等教育から英語が使われており、ゾンカの他に英語も公用語としています。なお、ブータンの人々は民族的に体格や顔つきが日本人によく似ています。

国の成り立ち

 チベットからブータンにかけて、7世紀ごろから17 世紀までチベット仏教のいろいろな宗派が入り乱れて支配していましたが、1616年チベットから亡命したドゥク派の僧であるンガワン・ナムゲルが、ブータンを政教一致の国家とするための枠組を作ることに成功しました。その後、チベットやモンゴルからの軍の侵攻があったが、それらを撃退してブータン国として統治が続きました。1907年、ブータンの中央に位置するトンサ郡の豪族ウゲン・ワンチュクが、ブータン全土への影響力を強めて世襲藩主に就任して、初代の国王となりました。その後、1952年に就任した第3代国王と1964年に就任した第4代国王とによって、近代化、国際化が成し遂げられ、国家としての体制が確立しました。特に第4代国王は、2006年12月に自ら王位譲渡を宣言し、2007年12月に上院選挙、2008年3月に下院選挙を実施し、二院制による議会制民主主義に移行し、ブータンに立憲議会制民主主義を確立しました。また、国王の定年制も明記したブータン国憲法を2008年7月に発布しました。在位中に国の政策の理念としてGNHを提唱して世界を驚かせたが、新憲法はこのGNHを実現することを目指した内容となっています。

GNHと幸せの国

 GNHとはそれまでよく知られたGNP(Gross National Product)のProduct(生産)のところをHappiness (幸福)に置き替えたものです。 GNHは「国民総幸福量」などと訳されています。ブータンは国の方針として、「経済発展によるGNPの増大を目指すのではなく、国民全体の幸福を最も重視する」と宣言しました。GNHを政策として実現するために、以下の4つの柱が設けられています。
それらは、

  • Sustainable and equitable socio-economic development.(持続可能な、衡平で公正な社会経済の発展)
  • Conservation of our fragile Himalayan ecology.(傷つきやすいヒマラヤ山脈地帯の自然環境の保全)
  • Preservation and promotion of our culture.(ブータン固有の文化の保護と発展)
  • Enhancement of good governance.(優れた統治の実現)
 ブータンはこれまでに、ブータン国民に対するアンケート調査を実施した結果として、多くの国民が自分は幸せであると感じていると報じられています。またブータンを訪れた人の多くが、ブータン国民は親切で愛想がよく、幸せそうであるという印象を受けたことから、ブータンがしばしば「幸せの国」と呼ばれるようになりました。国の近代化は近年着実に進んできており、国際化、農村から首都への人口集中、インターネットや携帯電話などのIT機器の急速な普及などが見られます。このような状況の中で、政府は伝統的な精神文化の保護および継承を、政策として推進しています。2008年11月に即位したジグミ・ケサル・ワンチュック第5代国王は、婚礼を挙げたばかりの妻(王妃)と共に2011年11月に来日し、ブータンが幸せの国であることを日本人に印象づけるとともに、東日本大震災の被災者に対するお見舞いと激励のことばを日本国民に伝えて、日本とブータンとの友好親善の絆をなお一層強いものとしました。
 

開発5カ年計画

 1961年から、政府は開発5カ年計画を次々と発表して、ブータンの近代化を進めてきましたが、現在その成果が着実に現れてきています。現在は2008年から2013年までの第10次開発5カ年計画が実施されています。開発5カ年計画には政治、経済・産業、教育・文化、医療、通信、国土環境、道路など、行政のすべての面での発展計画が記述されています。
ブータンの最も重要な産業は、水力による発電事業です。ブータンの現在の水力発電の能力は、全部合わせて150万KWを越えていますが、2020年までにその能力を飛躍させて、1,000万KWを目標とする計画が立てられています。発電した電力のほとんどが隣国インドに輸出され、水力発電は国家の重要な外貨獲得の財源となっています。なお、2011年で各家庭への電気の普及率はブータン全土では60パーセントで、2020年までに100パーセントにする計画があります。

人々の生活

  宗教については、国民の一部のネパール系の人たちはヒンドゥー教を信仰していますが、国の主要な宗教はチベット仏教です。ブータンの人は仏教を深く信仰しており、伝統文化や生活習慣にはチベット仏教が深く根づいています。人々は生命の輪廻転生(reincarnation)を信じ、お墓を作らず、すべての生き物の殺生を嫌います。ブータン式の農家には、仏壇のある仏間があります。ブータンのどこの村にも寺院がありますが、チベット仏教は、日常的な生活にきわめて不便な高い山の斜面に大きな寺院を作る傾向があります。
 ブータンで最も人気のあるスポーツは、アーチェリー(洋弓)です。単に競技の技術を競うというより、競技の中に踊りを取り入れるなど、社交的なスポーツとなっています。
 ブータン全土は、20のゾンカクという地方行政区に分かれています。それぞれのゾンカクに、たいていひとつのゾン(城)が存在します。ゾンは以前は軍事的な要塞の役割がありましたが、現在は宗教的な役割と地方行政の庁舎の役割を持っています。言わば、お寺に県庁が同居したようなものと言えますが、それぞれの村や町のシンボル的な建物で、観光スポットとして人気のあるものが多いです。首都ティンプーにある巨大なゾンがタシチョ・ゾンで、ブータン宗教界の最高位であるジュ・ケンポが居住し、国王もそこで執務を行っています。また、ウォンディ・ポダンのゾンは、前述したンガワン・ナムゲルが1639年に創建した歴史的に重要なゾンでしたが、2012年6月の大火で焼失して人々を驚かせました。ブータンの人々はゾン、学校、政府機関、寺院および公的な行事が行われる場所では、男性はゴ、女性はキラという民族服の着用が義務づけられています。さらにゾンに入るときや寺院や役所で高い地位の人に会うときなどは、民族服の上に男性はカムニというスカーフ、女性はラチューという肩掛けを着用しなければならないという、正装に対する定めがあります。政府高官のカムニは国王から贈られるもので、厳密ではありませんがその色は社会的な地位を表しています。ラチューには赤い生地に美しい刺繍がなされていることが多く、女性のおしゃれのポイントにもなっています。

ブータンと日本の関係

 1981年に、それまでにブータンについて学術調査・研究を行ってきた人々が中心になり、日本・ブータン友好協会が設立されました。これは日本とブータン間での民間レベルの交流を通じて両国の相互理解を深め、友好親善を促進することを目指しています。この初代会長が福井県出身の京大名誉教授、桑原武夫でした。1986年、日本とブータンとの間に正式に国交が樹立されました。1989年には第4代国王が昭和天皇の大喪の礼に出席し、1990年の天皇陛下の即位の礼にも来日して、民族服を纏った来賓は特別の注目を浴びました。1990年の大阪で開かれた「花と緑の万博」に、ブータンの国花である「青いケシ」が展示されて話題を呼びました。1988年から、ブータンの発展を援助するためのボランティアとして青年海外協力隊(JOCV)、2001年からシニア海外ボランティア(SV)が、JICA(国際協力機構)から毎年派遣されるようになりました。2012年7月までのブータン派遣の実績として、青年海外協力隊が368名、シニア海外協力隊が110名です。これら各ボランティアの任期はだいたい2年です。日本はブータンに対するODA援助として、無償資金援助(これまでの総額約300億円)を含む2国間援助事業を継続的に行ってきました。2006年からブータンへの経済協力の金額は、特別の関係にあるインドを除けば、出資額で日本は世界トップになっています。したがって、ブータンにとって日本は重要な援助出資国(ドナー)であり、日本にとってブータンは、国際機関での選挙・決議等において日本を支持する重要な支援国(安保理改革に関するG4枠組み決議案の共同提案国,国連人権委員会等)です。ブータンを訪れる外国人観光客の数は、これまで日本はアメリカについで第2位でしたが、2012年の上半期(1月から6月まで)において日本からの観光客の数が3587名で、初めて日本が第1位になりました。なお、2011年の年間の日本人客は3943名でした。

 
free joomla templatesjoomla templates
2017  bhutanjoomla2   globbers joomla template