野性化した犬の問題(社説)

2022年5月9日

 金曜日にティンプーのジェネカで野生化した犬の群れに襲われた7歳の少女についてのニュースは、国内で最も厄介な人間と野生生物との対立の事例である。

 クラスIの生徒である少女が学校から家に帰りつつあったその時、事件が起こった。彼女の死は一連の疑問を残したー特に、そのような事件を我々はどのように扱うか、誰の責任を問うのか、そして報告によると年々増加している人間と野生生物との対立のより大きな問題にどのように取り組むのか。

 野生の犬の問題は、特に農村地域で拡大している。ウォンデゥのガンテイでは、野生化した犬が家畜や人に飼われている野生動物を捕食することが知られている。しかし、私たちが本当に心配し、解決策を模索する必要があるのは、人間の生命が危機に瀕しているときである。

 問題が深刻化している場所で行われた調査によると、ほとんどの野生化した犬は、飼い犬と区別することが不可能ではないにしても困難である。研究に基づく野生生物管理情報によると、「野生化した犬と飼い犬を区別する主な特徴は、人間を頼りにすることまたは人間に依存する程度であり、ある意味では、人間に対する彼らの行動である」

 野生化した犬は、人間の介入や支援とは無関係に生き残り、繁殖する。彼らは、他の野生のイヌ科動物(犬科の哺乳類)のように狩猟やゴミあさりを行うことによって、餌を得て生きている。彼らは日和見的な家畜のような動物であり、小さな動物と大きな動物を捕食する効率的な捕食動物である。家畜の負傷や殺害、作物や設備の損傷に加えて、野生化した犬は家畜に病気を広めることも知られている。

 野生化した犬が飼いならされているという認識のために、それらの個体数とそれらによる脅威を管理することが困難であることが判明する可能性がある ー 野生化した犬は簡単に野生の状態に戻り、深刻な管理上の問題になる可能性がある。抜本的な行動が必要な時期に到着したようである。

 私たちがそのような問題に直面するとき、しばしば宗教的な感情が入ってくる。しかし、今は人間の生命を保護する緊急の必要性のあるときである。致命的な打撃、射撃、捕獲、排除柵(フェンス)など、私たちが利用できるすべての制御技術を使用する必要がある。

 ある程度、私たちの野犬管理プログラムはこの問題に対処できるはずである。野犬や野生化した犬の個体数が増加し、人命に脅威を与えているため、宗教的な感情が危険な害虫を駆除する意欲を妨げてはならない。

Joomla templates by a4joomla