2030年までに野犬はいなくなる

2022年5月28日

 現在、野犬は72,621匹いる

チミ・デマ

 これまでのところ、犬の個体数を管理するためのこの国の取り組みは、すべて噛まれることなく、吠えてきた。 野良犬の問題は50年近く前から認識されてきた。 犬の不妊手術や去勢手術、さらにはそれらの除去などの試みは効果がなかったことは、犬、特に野良犬の数が増え続けていることからも明らかである。

 しかし、野良犬や自由に放たれた犬の問題は変化しようとしている。目標は、2030年までに国が自由に歩き回る犬がいなくなることである。

 副主任獣医官のカルマ・ワンディ氏は、自由に歩き回る犬の100%不妊化が今達成されれば、7〜8年後には自由に歩き回る犬はいないだろうと述べた。当局によると、今日の不妊化率は93パーセントである。しかし、犬が話すことができれば、同意はしないだろう。

 不妊化の結果を確認するのに時間がかかる。カルマ・ワンディ氏は、避妊去勢された犬は繁殖せずに自然死を経験するため、現在の自由に歩き回る犬の数は停滞しているようになると述べた。

 昨年開始された全国緊急犬個体数管理(NADPM)および狂犬病管理プログラム(RCP)は、自由に歩き回る犬の100%不認可を達成し、すべてのペットの犬を登録およびワクチン接種をして、野生化した犬を管理することを目的としている。

 この計画によって、昨年の11月から今年の5月1日までで、42,879匹の犬を去勢した。現在、最初のキャンペーンで逃した5,332匹の犬を掃討または不妊化している。 

 進行中の掃討作戦の第1段階では、5月27日まで26の診療所で1,888匹の犬が去勢された。これは、チュカ、サムツェ、プナカ、ダガナ、ワンデュ、チラン、シェムガン、ペマガツェル、ティンプー、サルパン、サムドゥプジョンカで実施されている。

 不妊化キャンペーンの前に、プログラムは全国的な犬の個体数調査を実施し、72,621匹の自由に歩き回る犬、または9人のブータン人ごとに少なくとも1匹の犬を記録した。このうち26,951が所有されていたが、自由に歩き回っていた。 44,038匹は野良犬でしあった。

 全国緊急犬個体数管理(NADPM)の下では、ペットの犬はマイクロチップを挿入することによって監視されている。 5月19日の時点で、15のゾンカクに合計23,733匹のペットの犬がマイクロチップを挿入された。これらの犬のうち、72.4パーセントが避妊去勢手術を受けた。

 マイクロチップは、識別のためにペットの犬の体内に埋め込まれた無線周波数発信デバイスである。チップには固有の識別コードがあり、スキャナーでスキャンでき、米粒より大きくない。

 カルマ・ワンディ氏は、以前の犬の個体数を減らす努力は、共同作業の意思が不足していたために失敗したと述べた。 「このプログラムの成功は、畜産部門、デスウン(Desuung)、地方自治体、および地域社会の協力によるものです」

 1970年代から1980年代にかけて、犬の個体数は中毒と銃撃によって管理されていた。ロチ・セイミ(犬の射手)は、射撃を担当する家畜部門の指定であった。

 1990年代に犬は移動させて、動物福祉と社会問題を引き起こした。2000年代には、犬は閉じ込められた。

 2009年から、政府と人と動物の絆を促進するために活動する組織である国際動物愛護協会は、2020年に終了した捕獲、避妊去勢手術、予防接種、および解放計画を採用した。

Joomla templates by a4joomla