違法な構造物の解体(社説)

2022年6月4日

 ティンプー・トムデは、政府の土地に侵入した違法な構造物を取り除くなどして、建物などの取り壊しが盛んに行われている。選挙で選ばれたトロンポン(トムデ議会の議長)が決断しなければならないのは難しいが、法律に従わない場合は大胆な決定をしなければならない。

 トムデは違法建造物の所有者に通告をしていた。その構造物を取り除くのに十分な時間は与えられていた。オラカ自動車工場での掘削機の光景は、人々が通知と警告に従うことを拒否した後の最後の行き着くところであった。現場では、警告がすべて健全で怒りがないと仮定して、彼が解体チームを待っていたとさえ告白された。トムデがやると言ったことではないならば、それは損害になるだろうから、他の人が削除を開始するのを待とうと多くの人が確信した。昨日の土壇場の突貫工事は計画的であった。

 トムデはオラカの後止まらない。彼らは市内のすべての違反者に同じことをする。トムデの検査チームが、145人の不履行者がいることを発見した。違法な構造物は多くの都市で問題となっている。首都でも、建築規則にもかかわらず、私有地であれ政府所有地であれ、違法な構造物が時々突然発生する。たまに行われる解体は、人々を怖がったり納得させたりするものではない。違法な小屋は目障りである。それは都市の美しさを台無しにするだけでなく、犯罪を含む他の問題を引き起こす。

 迅速なお金の利得は人々が違法な侵入を犯すことを誘惑する。オラカでは、政府の土地における突き出た拡張部分の土地は建物の所有者のものではなく、不動産をリースした人に、正式に貸し出されていて、そこに建物が建設される。すでにそこは過密状態になっていて、道路は窒息状態である。工場地帯への運転は最悪である。中心都市では、あらゆる土地空間が商業空間に変換されている。建設におけるセットバック規則(建物を建てる場合の敷地境界線と建物との距離の守るべき最低距離値に関する規則)は、計画立案者にとっての妨げになっている。

 同時に都市はますます過密化していて、車の数の増加によってさらに悪化している。145人のトムデ規則違反者は違法な建築物に関連している。トムデの検査官が、建物の所有者が承認された建物の設計と図面に従っているかどうかを確認した場合、その警告数は憂慮すべきものになる可能性がある。車両数の増加にもかかわらず、市内の駐車問題は駐車スペースを商業スペースに変換していることにも起因している。家主が入居者に駐車スペースを提供しない場合、渋滞した道路に車両が溢れ、すでに狭い道路がさらに狭くなっている。

 駐車スペースは、都市開発計画の不可欠な部分であると言われている。それが認められ、規則になっている。現場での実装が欠落している。もう1つの大胆な決定は、商業スペースを廃止して駐車場として承認することとかもしれない。ティンプーには2人に1台の車両がある。駐車スペースはどこにあるのか?

Joomla templates by a4joomla