日本のサーブの生涯を祝う

2022年6月18日

ヤンゲル・ラーデン

 アグア・キャンプ、パンバン、シェムガン、気温は37度C、シェムガン全体から人が今日、ここに日本のサーブのために集まった。

 ブータンの田舎で、大抵の人は、「日本のサーブ」という呼び名で知られている故ダショー・ケイジ・ニシオカは、1976年から1980年にかけて、パンバンにあるアグア・キャンプと呼んでいた簡素な2階建ての家に住んでいた。(訳者注:ダショー・ニシオカ・ケイジはAguaTreeという沈香が取れる香木をシェムガンに植林することを推進した。家の名前にアグアと入っているのは、AguaTreeからとったものと思えるが、確認は取れていない)

 今日はこの家の奉献式である。この家は長い年月放置されていたのを改装され、現在は事務所と博物館として機能している。ダショー・ニシオカの家の場所は、2018年からサムテンリンの農業研究開発センターの支部センター事務所となっている。元の建築を維持するために注意が払われている。

 青、白、赤、緑、黄色のカラフルなダールで飾られた小さな家は、昔の思い出を呼び起こさせる。

 人々は約40年前と同じようにその家を歩き回り、愛する日本のサーブと一緒に現代の農業の実践を学ぶ。

 「日本のサーブはまだ私たちの中にいるような気がします」と、一人の目の充血した紳士は、病弱で、天候に打たれ、足を引きずって歩きながら言った。

 ダショー西岡京治は、1964年から近代農業の基礎を築いた日本の農業専門家であった。1980年に赤いスカーフ(ダショーの爵位)を、1992年にドゥク・ツクシー(ブータンの心の息子)を受賞した。

 1976年から1980年まで、ダショーは、当時最も遠隔地だったシェムガンで働き、統合開発プロジェクトの一環として、貧しい農民を支援する任務を負った。

 ダショー邸の2階には、ダショーの業績やプロジェクトの掲示を収めた展示室になっている。彼がどのようにしてシェムガンの人々を集めてその土地で働き、彼ら自身のために十分な収穫をしたか、写真は人を以前の記憶の世界に連れていってくれる。

 大きな平鍋(藤づるで織られた一時的なボート)でダンメチュウ(川)を渡る人々のモノクロの開墾地の写真がある。村人たちと一緒に野外で働くダショー、家の前で撮られた村人の集合写真、ダショーが作ったニシオカ橋、そして、人々がダンメチュウ(川)の近くのダショー・ニシオカに最後の敬意を払い、彼の遺灰を川に投げている。さらにもっと、展示がある。

 ダショー・ニシオカがパンバンに来る前、シェムガンの人々は焼畑耕作を実践していた。 ダンメチュウ(川)の横断は、冬に、平鍋とロープウェイの助けを利用して、必需品を購入するために年に1度行われた。ダショーは、人がダンメチュウ(川)を渡るために、ニシオカ橋と呼ばれる吊り橋を建設した。それは、新しい自動車用橋と並んで、まだそこにある。

 家の1階では、高齢者のグループがダショー・ニシオカの話を人に話している。そのうちの一人は、彼らが座っているこの部屋は物置として使われ、農業機械や設備を備えていたと言っていた。 「1つの機械の名前を言えば、それを見つけることができます」

 リンチェン・ドルカーさん(66歳)は、森の中で彼女が育った村の名前を思い出す。それはプーリンと呼ばれていたが、最早存在しない。「ダショーは私たちのために土地を開墾し、私たちに家を与えてくれました。日本のサーブがいなかったら、私たちはまだ森を食べ尽くしていたでしょう」と彼女は言った。

 リンチェンさんは、ダショー・ニシオカから農業のやり方を学ぶために毎日キャンプ(アグア合宿所のこと)に来ていた。彼女は水田で栽培されている米を見たことはなかった。リンチェンさんは、「日本のサーブは、種まきの基本的な間隔から、大豆から豆腐を作ることまで教えてくれました」と述べた。

 彼女はもはや豆腐の作り方を覚えてはいない。

 彼女がダショー・ニシオカに最初会ったとき、リンチェンさんは他の村人たちと一緒にキャンプ地で田植えをした。数ヶ月後、リンチェンさんは苗木が田圃から出てくるのを見てショックを受けた。彼女はこのようなものを見たことがなかった。 「イネの繊維はたくさんあり、馬の尻尾のように柔らかでした」

 ペマ・チョジァィさん(69歳)はそれを別なように覚えている。彼は掘削機の指揮者でした。彼の仕事は森を開墾し、畑を準備することであった。外国人が彼に畑を平らにさせたとき、彼はその仕事を短時間でやった。 「私は真面目ではなく、良い畑を作りませんでした」 畑は荒れた状態で、あちこちに巨大な岩がたくさん残っていた。

 パンバンの人々は一日中、双眼鏡を携帯していたダショウ・ニシオカを覚えている。彼は遠くからある所を見ていたのでしょう。人々が畑で働いていないのを見たら、彼は気が狂ったようになった。これには村人たちをくぎ付けにした—日本のサーブは手にこん棒を持ってやって来るだろう。

 65歳のナド・ツェリンさんは、ダショーは地元の人々と一緒に食べて眠った謙虚な男だと言った。 「彼は働いていない人々を罰したが、勤勉な人々に褒美を与えた」

 65歳のサンゲィ・ティンレィさんは、農業を学ぶためにパロのボンディに行ったシェムガンの26人のうちの1人であると述べた。

 89歳のツェワンさんは、ダショー・ニシオカの家を建てたときの大工の棟梁であった。彼の給料は1日あたり10ニュートラムであった。現在、息子のレキ・ツェサップさんはダショー・ニシオカの家をリフォームした請負業者である。ツェワンは、息子と彼自身の両方が日本のサーブの家を建てることに携わったことは、彼に幸せを与えたと言った。

 今年はダショー・ニシオカの命日30周年を迎える。

 シェムガンの人々にとって、日本のサーブは決して彼らから去ったことがない。

Joomla templates by a4joomla