プンツォリンでの第一回女子サッカートーナメントが終了

2022年7月28日

 

ラジェッシュ・ライ|プンツォリン

 昨日プンツォリンで行われた女子サッカー トーナメントの決勝戦で、プンツォリンは久しぶりに活気を取り戻しました。

 ゲドゥ・ビジネス・カレッジ (GCBS : Gedu College of Business Studies) と ヨンテン・クェンジョン・アカデミー(YKA : Yonten Kuenjong Academy) の女性たちがグラウンドで戦い、何千人もの観客が焼けつくような暑さに耐えた。

 GCBS は 5-2 で勝利した。 しかし、参加者は、勝つことよりも、より楽しかったと述べた。 プンツォリン・スポーツ連盟(PSA) が課金なしで開催したこのトーナメントには、15 チームの過去最高参加数を記録した。

 

   ウーマン・オブ・ザ・トーナメント:ガキ・デム

 昨日の決勝戦でも、2人の目立った選手がいた。 そのうちの一人であるGCBSの教員ガキ・デムさん (34) は、卓越した技能と大会中の8得点という、比類のない得点記録でウーマン・オブ・ザ・トーナメントを受賞した。彼女のチームは大学生と教員で構成されていた。

 「だから、勝てないと思っていたのですが、試合にベストを尽くすようになりました」とガキ・デムさんは話し、YKAの女子は技能とスタミナで優れていたと付け加えた。.

 その教員は、若い頃はあまりサッカーをすることができなかったと話した.

 「ウーマン・オブ・ザ・トーナメント賞は私の一生の成果です」

 女性のサッカーへの参加は改善されたと彼女は言った。

 「過去に認識されていたように、サッカーはもはや男性だけのスポーツではありません」

 

  ウーマン・オブ・ザ・マッチ:ゲータ・デヴィ

 ウーマン・オブ・ザ・マッチ賞は、12 年生の YKA のゲータ・デヴィさん (19 歳) によって獲得された。 彼女はトーナメント全体を通してお気に入りの1人であった。

 ゲータ・デヴィさんは、賞をもらったことはトーナメントを通じて、彼女を励ましてくれたチームのマネージャー (コーチ) と YKA の教員のおかげであると思っている。

 「当初、家族は私が怪我をするだろうと考えて、私がサッカーをすることに反対していました」と彼女は延べた。 「でも、母は私を支えてくれました」

 サンドゥプジョンカ―(ゾンカク) 出身のゲータ・デヴィさんは、女性がサッカーを真剣に受け止めることを快く思わない人がいると語った。 しかし、彼女は生涯プレーし続けるだろうと言った.

 「非常に協力的なチームメンバーとの試合中にサッカーの技能を学びました」と彼女は言った.

 YKA のチーム マネージャーであり、校長であり、学校のスポーツ教師でもある ダクパ・バル氏は、チームは「少し緊張していた」と語った。

 「2 人の選手が負傷し、正のゴールキーパーは今日プレーできませんでした」 「私たちは彼女を連れてくるために最善を尽くしましたが、できませんでした」

Joomla templates by a4joomla