安倍前首相が撃たれて死亡

2022年7月8日

 安倍晋三前首相 (67) は、金曜日に奈良市で行われた参議院選挙のキャンペーンに参加しているときに、致命的な銃の攻撃の犠牲者になった。 消防士によると、安倍前首相は11時30分ごろに撃たれた後、心肺停止状態に陥った。 安倍前首相は救急車と医療ヘリコプターで奈良県橿原市の奈良県立医科大学病院に運ばれた。

 警察筋によると、前首相は散弾銃と思われるもので、背中上部を後ろから撃たれた。 目撃者によると、2発の銃弾発砲音が聞こえた。

 奈良市の山上徹也容疑者(41)は、午前11時32分、殺人未遂容疑で現場で逮捕された。山上容疑者は、安倍容疑者を至近距離で撃ったとみられ、銃が回収された。

 奈良県警の関係者によると、山上容疑者は、安倍首相の政治的信念に恨みを抱いたことはなかった。

 政府筋によると、現在の職業が不明な山上は、2005年まで海上自衛隊の隊員を務めていたという。 防衛省はその男性に関する情報を収集している。

 読売新聞記者も参議院選挙の取材現場にいた。 前自民党総裁の安倍前首相は午前11時20分ごろ、市内の大和西大寺駅前の選挙演説会場に到着し、自民党候補を支援する演説を行っていた。

Joomla templates by a4joomla