DDT党員は党が正式に登録されることを確信

2022年7月14日

 新たに結成された政党ドゥク・ツェンデル・ツォクパ(DTT:Druk Thuendrel Tshogpa)支持する人は、その党がブータン選挙委員会(ECB)に登録されることを確信している。

 党が登録書類を提出してから1ヶ月半以上が経過した。

 DTT党のキンガ・ツェリン党首は、「登録される党の基準」は「高い」が、党はその要件を満たすために「十分に」活動をしていると述べた。

 彼は、党が追加の文書を提出するように求められ、文書が評価されていると述べた。 「文書は、党の文書だけでなく、国の文書にもなります」とも述べた。

 キンガ・ツェリン党首は、登録の手続きはまもなく完了する予定であると述べた。

 DTT党は次の議員選挙に備えるために一年以上準備をする。

 党関係者の何人かは、気持ちよく総選挙に参加できることを望んでいると述べた。

 DTTが書類を数回提出したことがわかった。 しかし、党は党憲章などの文書を作り直すよう求められた。

 DTT党首は、党は立候補者の略歴文書作成を含む内部活動を行ったと述べた。 彼は、党の候補者のリストを選挙管理委員会に提出したと述べた。

 登録申請書とともに、党は各ゾンカクの調整員のリストを提出した。

 党は5月2日にパロで最初の総会を開催し、党首と他の事務局長が選出された。 党は5月26日に政党登録を申請した。

 ECBがDTTの登録を決定した場合、国には5つの政党が存在することになる。 2013年の選挙以降、政党は登録されていなかったが、2017年に2つのグループが選挙委員会への登録を申請した。 

 選挙法によると、申請しようとする政党は、党が「国全体からメンバーと支援が確保される幅広い基盤を持ち、国の結束と安定に取り組んでいる」ことを証明しなければならない。

 ブータン選挙委員会(ECB)が申請した党が法によって規定された基準を満たしていないと感じた場合、選挙法はECBにその党の登録を拒否する権限を与えている。

 しかし、ECBは申請した党党の代表者に「聞かれる合理的な機会」を与えている。

Joomla templates by a4joomla