ダムダム工業団地で操業している企業は2つだけ

2022年7月7日

 

ラジェシュ・ライ|サムツェ

 サムツェの人々は、ダムダム工業団地(DIP)が歴史的な経済的利益をもたらすことに希望を抱いているが、開発がほぼ6年になっている工業団地はまだ成長を示していない。

 2020年末までに建設が承認された9つの産業のうち、現在稼働しているのは2つだけである。

 1つの企業はドゥク織物(DrukTextile)である。

 この企業は主に全国の学校制服用の生地を製造している。

 同社の経営者であるツェリン・デンドゥプ氏は、同社が生産を開始してから1か月が経過したと語った。

 「しかし、私たちはまだ機械を設置している最中です」と彼は言い、部品は簡単に入手できず、輸送会社を介して部品を輸入するのに時間がかかったと付け加えた。

 市場の面でツェリン・デンドゥプ氏は、国内の仕立業の協会と協議をしたと述べた。

 「私たちは交渉段階にあります。 それは労働省を通じて行われています」と述べた。 「これが終了したら、覚書(MoU)に署名し、全国的に生地の供給を開始します」

 家具の家パァラビ家具の建設も完了した。

 「私たちは2021年12月に営業を開始しました」と企業の所有者であるパラッド・グルン氏は述べている。

 ただし、パァラビ家具は既にいくつかの電気的な問題に直面している。

 「私たちは製造プラントを運営するのに十分ではない一時的な製造ラインが与えられました」と彼は述べた。 「私たちは適切に働くことができませんでした」

 パラッド・グルン氏は、自分のポケットからローンを支払っていると述べた。 8人のスタッフがいたが、そのうち4人が去った。

 工業団地の別の企業であるブータン・マウンテンコーヒー(BMC)の興行主であるカルマ・チャイム氏は、工場の建設は今年の終わりか来年の春までに完了すると述べた。

 「人手不足と原材料費の高さによって建設が遅れた」と彼は語った。 「しかし、私たちは建設を始めました」

 しかし、カルマ・チャイム氏は、モンスーンのために現在建設が中止されていると述べた。

 BMCはコーヒー加工施設であり、全国の農家からコーヒーを購入します。 また、サムツェには独自のコーヒー農園がある。

 経済省の産業局(DoI)によると、ダムダム工業団地に対して合計68通の暫定的な申請の手紙が発行された。 このうち、4人の申請者がプロジェクトの承認と産業ライセンスを取得中である。

 合計15人の起業家が土地賃貸借証明書を発行されたが、彼らはまだ賃貸借契約の締結のためにサムツェ・ゾンカク行政を訪問していない。 他の15人の事業者はすでに賃貸借契約に署名しているが、彼らは建設のための設計と図面を提出していない。

 23人の事業者の抽選が承認されたが、まだ建設は開始されていない。

 経済省産業局の関係者は、事業者が建設を開始するために、経済省側からすべてが促進されたと述べた。

 「しかし、ほとんどの事業者は、金融機関から認可のない融資のために、建設を開始することができず、このことが彼らの建設を開始するのを妨げている」と当局者は語った。

 「さらに、原材料費の増加と熟練労働者の制約により、工場の建設に影響が出ています」

 停電について、DoIの関係者は、電力供給に影響を与えた可能性のある台風が原因であると述べた。

 「しかし、ダムダム団地管理事務所は、中断が発生した場合に電力供給を復旧するためにサムチェ・ブータン電力会社と緊密に協議している。 団地管理事務所はまた、建設を開始するすべての事業者への力を促進しています」

 2016年8月に開始された公園開発はまだ完了していない。

 当初、ダムダム工業団地の面積は349エーカーであったが、新しいサムツェ-プンツォリン高速道路の再調整に対応するために、後に342エーカーに縮小された。

 工業団地は物理的にA、B、Cの3つの地区に分かれている。

 DoIによると、地区Aは、配水網の一部を除いてほぼ開発されている。 地区Cでは、開発作業の85%が完了している。

 「最初のフェーズでは、詳細なプロジェクト報告書に従って、これら2つの地区のみが開発されています」とDoIの関係者は述べている。

 工業団地は、2022年12月までに地区AとCに道路、給水とその配水網、街灯、歩道などの基本的なインフラが完成する予定である。

Joomla templates by a4joomla