クラブはより高いサッカーを目指している

2022年7月29日

 

スポーツ施設が不足していることが障害・・・

ティンレィ・ナムゲィ

 ティンプーで 300 人近くの若者が、12 歳未満および 16 歳未満の年齢制限のあるサッカークラブやアカデミー、その他の草の根プログラムに参加している。

 ここ数年にわたり、サッカー(訳者注:ブータンでは、このスポーツの競技名として一般的に「フットボール」が使われているが、ここでは「サッカー」と表記する)はブータンで勢いを増している。

 クラブ組織は、そのクラブや国の代表チームのために才能のあるサッカー選手を輩出することを目指している。

 ティンプー シティ FCのクラブには現在、約 60 人の子供たちが参加している。

 ティンプーシティFCのヒシェイ・ツェリン会長は、クラブには公式試合用の U-16 と U-14 があると語った。 「トレーニングには、あらゆる年齢の子供を連れて行きます。そのため、私たちのアカデミーには、6 歳以上から 14 歳までの子供がいます」

 彼はクラブが週末に何人かの若者に無料のトレーニングを提供していると述べた.

 ヒシェイ・ツェリン氏は、クラブには選手、コーチ、管理スタッフのいずれかとして40人が雇用されているため、最大の課題は持続可能性であると述べた。

 彼は、財政的な問題にもかかわらず、クラブは子供たちが空いているときにクラブのミニピッチ(ミニ・サッカー場)において無料で練習することを許可していると述べた。

 トランスポート ユナイテッド FC のクラブには約100人の若者が参加している。

 トランスポートのコーチであるビカシュ・プラダンは、クラブは来月からプンツォリン、サムツェ、チランでも草の根プログラムを開始すると語った。

 パロ FC のクラブでは 138人の若者をトレーニングしている。 ヘッドコーチ兼テクニカル ディレクターのプスパラル・シャーマ氏は、集中トレーニングのために、クラブは練習日数を増やすと述べた。

 このクラブは、ユースチームを週 4 回、他の草の根グループを週 2 回トレーニングしている。

 FCターキンのクラブには27人のU-14ユースがある。

 FCターキンの ミン・CC・ドルジ氏は、質の高いトレーニングを確保するために、クラブが 30 人を超える若者を楽しませることはないと述べています。 彼のチームには、草の根プログラムの世話をする 2 人のコーチがいると彼は言いました。

 ミン・CC・ドルジ氏は、トレーニングの場が不足していることは大きな課題であると述べた。

 保護者の間で、子供たちをスポーツに参加させたいという関心が高まっている。 サッカーはそのうちの一つである。 しかし、インフラ(練習場)が不足しているため、コーチングやトレーニングの数が制限されていると多くの人が言う。

 保護者は、スポーツの価値を解っていても、インフラの欠如が保護者の意欲をそぐと述べていた。 「サッカー場やバスケットボールのコートよりもアーチェリー場の方が多い」と保護者は語った。 「政府がスポーツの振興や若者の有意義な関与に真剣に取り組んでいるのであれば、スポーツへの投資を増やすべきです」

 サッカークラブはスキルを育てることの重要性を理解していたが、インフラの欠如がクラブと保護者の両方を落胆させている。 「息子が真昼の暑さの中で1時間しかプレーできないことを知った後、私は息子が出席するのを止めました。 施設が限られているため、時間設定が異常です」と保護者は言っていた。

Joomla templates by a4joomla