ブータンは前首相安倍晋三の死を悼む

2022年7月11日

 国王陛下とギャルツェン王妃陛下は、7月9日の朝、タシチョ・ゾンの中の礼拝堂で、安倍晋三前首相を追悼し、1,000個のバターランプを捧げた。

 閣僚、国会議員、政府高官、外国の高官がバターランプと祈りの儀式に出席した。

 国はルンツェ・ゾンカクにあるルンツェ・ゾン、タキラにあるヨーゼルチョリン僧院、ングンマリン僧院などにおいて、安倍晋三前首相のために追悼を行ったことに合わせて、首相であるロティ・ツェリン博士、政府関係者および地元の指導者は、バターランプと祈りの儀式を捧げた。

 7月8日に亡くなった前首相に対するの敬意の表すために、今日すべての国の機関が半旗を掲げて国民の追悼を宣言した。

 悲劇的なニュースの直後に岸田文雄首相宛てに手紙を書いた首相は、元首相の安倍首相は常にブータンの良き友人であり、偉大な指導者として記憶に残るだろうと語った。

Joomla templates by a4joomla