スパイシーな問題(社説)

2022年1月11日

 国のいろいろな地域の多くの農民は、卵とチリ―(唐辛子)を輸入するという政府の最近の決定に、明らかに不満を持っている。

 農民は2つの理由で怒っている。政府はここ数年、その巨大な需要のために冬野菜、特にチリ―の増産を積極的に推奨してきた。彼らは、輸入が彼らの投資に対して良い見返りを手に入れる可能性を殺してしまうのではないかと心配している。

 彼らが言う政府の決定について彼らが言うには、病気ではない症状に治療するようなものだと言う。彼らによると、問題は仲介業者が彼らから購入し、法外な価格で市場に供給することである。

 いつもそうであるように不足となって政府は、チリ―を違法に輸入するように促した。店主は価格を3倍にし、控えめに販売する。平均的なブータンの買い手は、チリ―がどこから来たのか気にしない。管理当局は、輸入された唐辛子に対して実施された試験の結果を公開し、人々に危険を認識させる必要がある。汚染されたチーを食べて死ぬことは誰も望んでいない。

 違法に輸入されたチリ―であると途中で見つけられた場合、入国ゲートで止められなかったそのチリ―はどうなるか?おそらくその多くが、ゲートで押収されて、より多くの輸入品が供給される理由となる。捕まる可能性がわずかであるか、またはない場合のより大きな分け前を考えると、ビジネスは継続することになる。 

 都市部の住人は政府の介入で助けられる。 Nu750で、卵のトレイを購入することは、多くの人の手の届かないところにある。しかし、彼らはこの解決策が長続きしないことを知っている。

 簡単な方法は、禁止を解除することである。しかし、それは解決策にはならない。それは、私たちの食糧自給のために、猶予労働者と勤勉な農民が過去5年間に達成したわずかな進歩を打ち砕くだけである。代替品は内部から来なければならず、生産は維持されなければならない。

 供給が減少すると、特にチリ―を乾かすことができない都市部のブータンでは、最も貧しい人々が最も大きな影響を受ける。過去2年間で必需品から家賃までの価格が、全体的にインフレによって急上昇した。平均的な市民は、まずまずの生活をやりくりし、パンデミックを乗り切るための代替収入源を模索するために、貯蓄を深く掘り下げている。

 多数の封鎖といくつかの制限がまだ実施されている後、多くの人が目的を達成するのに苦労している。多くの人の収入と生計手段の喪失は、未払いの家賃からの借金の増加をもたらし、食料品の高騰は怪我に塩をこすりつけている。

 農家は冬野菜の生産に多額の投資を行ってきた。ローンを組んだ人もいる。チリ―の一時的な解禁の前でさえ、害虫や病気は彼らのチャンスを台無しにした。一般的な害虫や作物の病気に対処する農民の能力を構築することで、生産への影響を最小限に抑えることができる。

 全国的な封鎖は私たちに十分な教訓を与えてくれた。卵であれチリ―であれ、地元の農産物の機能的な流通システムを立案することが優先事項である。

Joomla templates by a4joomla