クラスXII修了学生に対して(社説)

2022年4月22日

 ブータンでは教育が優先分野であり、学生人口の急増に伴い、問題は年々複雑化しています。

 今週の結果発表後、何千人ものクラスXIIの学生が、ブータン王立大学の下にある10の高等教育機関とブータンのケサル・ギャルポ医科大学への入学を試みます。今後数週間で、学生は入学を求めて、これらの大学のウェブサイトに殺到するでしょう。

 良い変化としては、入学システムが完全にそれぞれの教育機関が独立して、透明になり、すべての情報が文字通りWebサイトに配置されることです。このシステムでは、純粋に平均点で進むのではなく、最も関連性の高い科目での成績に基づいて学生が選考されます。たとえば、平均が高いため、科学は強いが英語は弱い学生が、英語優秀入学生に選ばれることはなくなります。

 以前、ブータンは、成績を英語と最上位の3科目に基づいた外国のシステムを採用していました。さまざまな機関もさまざまな方法を使用してきました。そのため、大学は合理的なアプローチを表すシステムを開発してきましたが、審議会では公平であると見なされています。

 もちろん、誰もがシステムに満足することを期待するのは非現実的です。 11,234人の学生が約半分の席を争っているとき、何千人もの学生が不幸になる可能性が高く、中には合理的な不満を持っている人もいます。圧力は毎年高まってきています。

 そのため、行績のランク付け(メリットランキング)は優れた方法です。学業成績の基準については、さらに研究されなければなりません。メリットランキングは、現在、RCSC(王立公務員委員会)の一般的な試験で、政府の仕事の候補者を選択するために使用されており、良い評価も得られています。

 そして、学問的な夢が選考過程で終わってしまう人々にとって、新しい現実が始まります。学生たちは、飽和状態の公務員と、提供されているものが少ない民間部門を見ています。ただし、すべてが失われるわけではありません。

 彼らが今見なければならない次のウェブサイトは、職業訓練を強化するための新しく推進しようと開始した労働人事省のものです。すべてのブータン国民が大学を卒業するわけではないことを認め、今こそ、切望されている技能が不足している市場に参入するのにふさわしい時期です。

 企業機関はまた、さまざまな技能的人員の欠員の発表のタイミングを計って、それらを早期に獲得することができます。フリーダイヤルで説明会や進路相談を行い、関連する詳細を共有することで、学生は業界を選択する準備をし、決心することができます。

 世界的に、製造業、建設業、運輸業など、市場は熟練した労働力の逼迫に直面しています。私たちは、優れた技能が学術的資格以上の価値がある時代に生きています。

Joomla templates by a4joomla