ゾンダクのいないゾンカクの地方行政

2022年4月6日

… ゾンダクが辞任した後

MB・スッバ

 第3期目の地方自治体が任期を開始したばかりであるとしても、指導性評価プロセスの一環として、ゾンダクの役職の約50パーセントが空席になっている。

 ゾンダクは、王立公務員委員会(RCSC)によって退職することを干渉されている高位の行政官であった。 当局者によると、ゾンダクはゾンカクの地位を離れる準備をしていたという。

 一部の地方指導者は、地方行政の効果的な機能に影響を与える空席について懸念を表明した。

 マエツォ(ゲォ)の地区長(グゥ)ジェムボ氏は、空席が長く続くと、開発活動や、ゾンダクとグゥの間で調印された年次業績協定(APA)が妨げられる可能性があると述べた。

 ある地区長は、地方自治体は管轄区域内での開発活動の計画と執行を行う権限を与えられていたが、地方自治体を指導し助言するためのゾンダクを持つことは重要な意義があると述べた。

 「ゾンカクの開発活動を監督および監視するゾンダクの指導性は意見の相違を生じさせている」と彼は述べた。

 地方自治体(LG)法によれば、ゾンダクはゾンカクの最高行政責任者となり、地方政府がその機能を遂行するのを支援する。

 この法律はまた、地方政府の活動の効果的かつ効率的な管理を確保する責任を負う他の官吏とともに、ゾンダクに権限を与えている。

 しかし、その地位を退いたゾンダクの一人は、ゾンダクは中央政府と地方政府の間の会合のような活動を調整すると言った。 「私たちは地方自治体に助言し、支援を提供します」

 その地位を退いたゾンダクの別のひとりは、これは暫定措置であり、彼らの不在が地方自治体に影響を及ぼさないようにするための何らかの計画があると信じていると述べた。

 しかし、彼は、当局が彼らの代わりに職務を遂行した後は、ゾンダクが不在であることはあまり感じられないと述べた。 「もちろん、ゾンカクにゾンダクがいる場合といない場合には、常に違いがあります」

 ゾンダクはゾンカクの入札委員会の委員長でもある。しかし、そのゾンダクは、責任はゾンカクの高官の一人に引き継がれる可能性があると述べた。

 一部の地元の指導者はまた、空席が短期間のものであるならば、彼らは多くの問題に直面しないだろうと言った。

 チャリンの地区長タシ・デンドゥ氏は、進行中の工事はセクターの責任者によって行われているため、影響は受けないと述べた。

 しかし、意見の隔たりが長引くと、地方自治体は重要な決定を下し、リーダーシップを発揮するという点で問題に直面するだろうと彼は付け加えた。 彼はゾンダクとゾングラブは異なる意思決定レベルにあると推論した。

 一部の地区長たちは、ゾンダグと交流していると言っていた。 ある地区長は、ゾングラブが当面の間、ゾンダクの代わりに仕事を監督したいと言われたと言った。

 公務員を辞めようとしている一人のゾンダグは、彼はすでに長年奉仕していたので、辞めることに満足していると言った。

「私はより有望な、将来の世代の成功のために、動機づけと祈りを持って去っていきます」と彼は述べた。

 RCSCの報道発表によると、公務員の変革は、継続的に革新し、サービスを提供するために、データとテクノロジーを使用し、互いにより効果的かつ効率的に連携する機関によって推進される。

 「私たちは公共サービスの提供を再設計し、私たちの市民と将来の世代の人たちの幸せな生活が最前線に、また中心にあるように、私たちの行政を再編成します。 公務員は、すべての人に経済的繁栄、進歩、幸福をもたらすために、より一生懸命努力するつもりです」と述べた。

Joomla templates by a4joomla