サムチェのダムダム工業団地は本格的建設ブーム

2021年3月15日

ラジェシュ・ライ|サムチェ

 サムツェのダムダム工業団地(DIP)は、数年間進展がほとんどない状態が続いていたが、いくつかの工場建設がほぼ完了し、徐々に形になりつつある。

 昨年12月にサムツェの工業団地(DIP)で建設を開始することに最初に合意した9つの企業のうち、繊維工場、家具工場、フルーツ・ジュース工場の3つだけが建設を開始した。

 繊維工場のドゥク・テキスタイルは、建設の約85%を完了した。

 その所有者である32歳のツェリン・デンドゥプさんは、3か月以内の生産開始に大きな期待を待っている。

 「これは国内で初めてのことです」と彼は言い、生地を製造すると付け加えた。

 「私の目標とする顧客は政府機関、特に教育部門です」

 ツェリン・デンドゥプさんは、全国には15万人以上の学生がおり、これまで学校での着物はすべて輸入されていたと述べた。しかし、現在は、学校がドゥク・テキスタイルから生地を入手できるようになった。仕立て屋も恩恵が受けられることが期待されている。

 今年の3月中旬までに、ツェリン・デンドゥプさんは、生地製造機械が到着し、設置が開始されると述べた。

 一方、ツェリン・デンドゥプさんは、織糸を輸入して、生地価格は「非常に競争力があり」、小売店の価格よりも安いと述べた。

 「これは季節限定のビジネスなので、次の学期に向けて製造を続けます」と彼は言った。

 ツェリン・デンドゥプさんは、小家屋・小規模産業(CSI)開発銀行から1,000万Nu. の融資を申請していたが、370万Nu. が提供された。 彼は残りを自己資金で賄っている。

 家具工場であるパラビ家具会社の建設も始まった。 その所有者であるプララー・グルンさんは、生産は今年6月に始まると述べた。

 「私は製品をより早く市場に投入したい」と彼は言った。

 パンデミックがなければ、プララー・グルンさんは今年4月に生産を開始すると述べた。 これは、起業家の計画のほとんどが、労働力を輸入して仕事を始めようとして失敗したためだ、と彼は言った。

 彼はまた、鉄工製作所を開始することを計画していた。

 プララー・グルンさんは、政府が当初、会社を支援しなければならなかったと述べた。

 「私たちは熟練労働者を輸入しなければなりません」と彼は言った。ブータン人労働者が適切に訓練されるまで、輸入労働者が少なくとも3年間は働くことを、政府は許可する。

 「最初、私は少なくとも10人のブータン人を採用することを計画しています」と彼は言った。

 パラビ家具会社は500万Nu. のCSIローンを利用した。 プララー・グルンさんは、発生した出費によっては、後でさらに多くの資金を利用しなければならない可能性がある、と述べた。

 ブータン天然果物と農業産業(BNFAI)は、工業団地でのもう1つのプロジェクトである。 その建設は約2か月前に開始され、工場建設の25%ができた。

 創設者のボラ・ナースさんは、11月までに建設が完了する予定であると語った。

 「12月までに生産を開始します。 しかし、それはCovid-19のパンデミックに依存するでしょう」と彼は言った。

 工場の準備ができたら、農業ベースの会社は原材料を輸入はしない。 サムツェに本拠を置く協同組合、ノルブ協同組合から購入する。 協同組合は、ドプチェン(ドロカ)、サムツェ、ノブガン(チェンクマリ)の3つのゲウォから購入する計画である。 サムツェの他の農家は、自分たちの農産物をBNFAIの会社に直接販売することができる。

 BNFAIは、小麦粉、食用油、フルーツジュース、パルプの製造に焦点を当てる。

 BNFAIは6,127万Nu. を投資している。  613万Nu. の株価で投資しており、残りは国立信用保証機構emeからの投資である。

 現在、3社は建設のための労働力不足に直面している。 ブータンの労働者は高価であり、仕事に一貫性がありません。 しかし、会社はブータンの労働者と一緒に管理してきた。

 DIP工場団地が完全に機能し始めると、地域経済を含む国の経済の後押しをして、多くの雇用を創出することが期待される。

 ロクナス・シャルマ経済大臣は、経済省が今年6月までに建設を開始するために少なくとも10のプロジェクトを推進していると述べた。

 DIPには、若者がビジネスを始める前に、2年間従事できるスタートアップ・センターもある。 2年後、彼らはビジネスを始めるか、または他の有望な企業を探すこともできる。

 「これは、若者が起業をやる気にするためです」と彼は言った。

 DIPには、企業向けに77の区画があります。 これまでに約50件の応募がある。

 349エーカーの公園での作業は、2016年8月に開始された。これは、国内の4つの経済特区(SEZ)プロジェクトの1つである。

 ひも付き援助プロジェクトの下で、インド政府は現在の計画のこれらすべての作業に3億 Nu. の資金を提供している。

Joomla templates by a4joomla