2020年は、水力発電31%増加

2021年1月7日

クエンセルによる経済、新型コロナに関するコメント

MB・スッバ

 Covid-19のパンデミックにより、2020年には経済のほぼすべてのセクターが深刻な打撃を受けたが、水力発電は大幅な成長を遂げ、エネルギー生成量は31.45%増加した。

 ドゥク・グリーン電力会社(DGPC)によると、稼働中の6つの水力発電所の総発電量は、2020年には前年の8,645 MUから11,364MUに増加した。(1MU=100万キロワットアワー) 発電量の増加は、降雨量の増加とマンデチュー・プロジェクトの試運転によるものである。

 タラ、チュカ、クリチュー、バソチューの水力発電所はDGPCの直接の管理下にある。マンデチュー・プラントは、その運転および管理はDGPCによって管理されてはいるが、マンデチュー水力発電プロジェクト局(MHPA)によって管理下にある。一方、ダガチューは会社法に基づいて設立されている。

 

  電気は、インドをブータンからの唯一の輸入国とする最大の輸出商品である。

 DGPCによると、2020年にブータンは合計9,121MUの電力を270.42億Nu.以上の価格で輸出した。国内の総売上高は21.08 MU に相当する31.44億 Nu.に達した。

 DGPCのダショー・チェワン・リンジ社長は、DGPC発電所とダガチューのより高い世代のプラントと、ちょうどその年のより良い水もん学の知識が、発電量の増加に貢献したと言べた。

 MHPAの発電量は、2020年には前年の1,320MUから3,218MUに大幅に増加した。このプラントは2019年6月に稼働を開始し、2020年には通年稼働していた。

 「全体として、水文学に関する限り、今年は良い年でした。早い時期に雨が降り、モンスーンはいつもより少し遅れて後退していました」とダショー・チェワン氏は言った。 「川の水文学的流れは予想よりも良かった」

 DGPC社長は、いくつかの不便を除いて、Covid-19パンデミックは、すべての水力発電所の運用と保守に影響を与えていないと述べた。

  パンデミックの間中、彼は、政府は発電所が問題に直面することをなくすために、常に前向きであると言った。 DHI(ドゥク・ホールディング・インベストメント公社)は、発電所でのパンデミックに対処し、可能な限りの方法で促進するために必要なすべてを調整するのに役立ったと彼は述べた。

 「最も重要なことは、インド側の当局者との優れた調整があり、双方の困難な状況にもかかわらず、電力輸出の中断がなかったことです。ブータン側では、ブータン電力会社は国内供給が途切れることなく継続することを確実にした」とダショー・チェワン・リンジ氏は付け加えた。

 Covid-19のパンデミックにもかかわらず、ダショー・チェワン・リンジ氏は、稼働中のすべての水力発電所が非常に成功した年を過ごしたと述べた。彼によると、水力発電プロジェクトにおける建設の進度が、パンデミックによる影響を主に受けた。

 「うまくいけば、2021年にはこれらの水力発電プロジェクトの建設が再び軌道に乗るでしょう」と彼は言った。

 国のGDP成長は水力発電セクターの成長との関連性は予想できにくいが、水力発電の力強い成長はCovid-19パンデミックの悪い影響を相殺すると予想される。

 2019年まで、全体的な水力発電による収入は政府の直接収入の約24%を占め、インドとの国際収支の不均等分の大部分を相殺していた。しかし、2020年には国内総収入が14%減少すると推定されているため、他のセクターからの国内収入のシェアは減少する可能性がある。

Joomla templates by a4joomla