ダナはブータンが予防接種計画の準備をするのを助ける

2021年1月20日

Covid-19ワクチンに関するより多くの証拠を調べるために望ましい時間

ヨンテン・ツェドゥ

 政府は国内の資格のあるすべての人に予防接種を行うための新しい戦略を考えてきたが、それに関する政府の広報活動は3月中旬までには、開始されない。

 計画実施は縁起の良い日に開始する予定であるため、2月14日から3月13日までのダナ(縁起の悪い月の期間)は、政府と国民がCovid-19ワクチンの潜在的な害となる副作用を調べてもらう。

 これは、接種後のいくつかの死亡を含む深刻な副作用を報告している国の報告が多数あるときに起きる。

 躊躇されているにもかかわらず、多くの国が予防接種の取り組みを強化している。しかし、より多くの証拠とデータが必要なため、ワクチン接種競争のペースが比較的遅い国もある。

 ロティ・ツェリン首相によれば、政府はワクチンの調達に関してインドとの契約をほぼ終了し、ワクチンの最初の1組が「間もなく」到着するという。

 しかし、最初のワクチンの荷物が到着したとしても、国はすぐに人口の予防接種を開始しないと、首相は説明した。政府は、533,000人のワクチンを打つ資格者全員に、一度はワクチン接種するのに十分な用量を受け取った場合にのみ、ワクチン接種計画実践をスタートする。

 

待つことを推奨するか?

 はい、医療の専門家は言う。 これはまた、ブータンのパンデミック状況が、他のいくつかの国ほど深刻ではなかったためである。

 匿名を条件に当局者は、わが国ではこれまでに2つの注目すべきCovid-19の発生が見られ、どちらも効果的に封じ込められてきていると述べた。 彼は、ブータンでウイルスに感染した患者は、大きな合併症はなく、比較的軽度であったと述べた。

 「私たちは健康予防策が私たちにとってうまくいったことを知っています。 医療技術的には、しばらく待つ余裕があります」と述べ、国が待つにつれて、ワクチンに関するより多くの証拠が得られるだろうと付け加えた。

 同様のメモで、月曜日の首相はまた、国が不吉な月が終わるのを待つ間、起こり得る副作用を含む他の国の経験から学ぶ機会を提供すると述べた。

 

EUAワクチンとは何か?

 今日のCovid-19ワクチンを取り巻く不確実性のほとんどは、新しいウイルスの発見から数か月以内に、ワクチンが開発されたという事実によるものである。 そうでなかったならば、承認するには少なくとも10年はかかる。

 世界保健機関(WHO)の国代表であるルイ・パウロ・デ・イェス博士は、クエンセルと話して、ワクチンを含むすべての医療製品について、公的使用の正式な承認を得るまでに、データを調査するのに数年かかると述べた。

 

  しかし、現在のパンデミックのような緊急事態では、WHOのような世界的な機関や各国の規制当局が、医薬品またはワクチンに緊急使用許可(EUA)または緊急使用リスト(EUL)の使用を承認したと彼は述べた。

 ルイ博士は、昨年12月31日、WHOがファイザー/バイオンテックワクチンにEULを付与したと述べた。 「WHOは、モデマ(Moderna)およびアストラゼネカ (AstraZeneca) ワクチンの検閲を進めています」

 彼は、使用されているEUAワクチンが感染者の重症度を軽減するのに効果的であることが証明されたことを示す「良い証拠」はあったが、人が感染するのを防ぐという点でワクチンの有効性に関する情報はまだなかったと述べた。

 首相はまた、集団の一部のグループがワクチンの対象とならなかった理由は、これらのグループでのワクチンの有効性について行われた知識と研究が限られているためであると述べた。

 

有害な効果

 世界中の国々が、接種後、発熱、吐き気、下痢、息切れ、アナフィラキシー(毒、食物、または薬物療法に対する重度のアレルギー反応)などの副作用が記録されてきている。

 ノルウェーやドイツを含む一部の国では、ファイザーワクチンの接種後に死亡したと報告されている。しかし、死亡がワクチンによるものであるという結論は、決定的ではない。

 両国は高齢者(75歳以上)の死亡を記録し、それらのすべての人の健康状態は潜在していた。

 首相は、ワクチンはEUA承認を受けているため、ワクチン接種後に副作用や悪影響がないと言うのは誤りだと述べた。しかし、首相は彼らがワクチンによって生命を脅かされる状況は見ていないと言った。

 彼は、保健省はワクチン接種後のアナフィラキシー(全身性のアレルギー反応)を含むあらゆる起こり得る副作用に対応するために医療従事者を訓練し、準備したと述べた。

 先週、保健省とWHOブータンが主導し、接種後の悪影響を監視するためのトレーニングが行われた。

 ルイ博士は、政府はワクチンを展開するための優れた取組みを考え出し、現場で計画を実行する方法のシミュレーションが今や重要になるだろうと述べた。 「キャンペーンを成功させるためには、準備が必要であり、WHOは政府が計画を実行するのを支援する準備ができています」

 彼は、政府がワクチンを入手するために可能な限りのことをしている間、手洗い、フェイスマスクの着用、身体的距離の練習などの実証済みの健康対策を実践することが重要であると付け加えた。 「ワクチンは、このパンデミックと戦うための特効薬ではありません」

 

心配な情勢

 ルイ・パウロ・デ・イエス博士は、世界中の国々がCovid-19ワクチンを確保するための競争に参加するにつれて、国々の間で大きな不平等が表面化したと述べた。

 彼は昨日の時点で、世界中の4000万回以上の異なるCovid-19ワクチンが投与されたと述べた。 「しかし、問題は、これらのワクチンのほとんどが豊かな先進国で投与されていることです」

 ブータンも加盟しているCOVAX機関は、ワクチンの均等な配布を確保するために設立された。しかし、ルイ博士は、ワクチンの製造業者と協定を結んでいた国々が先に進んで、自分たちでワクチンを調達したと述べた。 「今日私たちが目撃しているのは、ワクチンの国有化です」

 「すべての政府が自国民を保護したいと考えていることは理解していますが、一部の国では比較的リスクの低い集団にワクチンを投与していて、発展途上国のリスクの高い集団の多くはワクチンを投与されていません。これはWHOにとって大きな懸念事項です」

 WHOの事務総長であるテドロス・アダノム・ゲブレイエス氏は月曜日に、世界は「最悪の道徳的失敗」の危機に瀕していると述べた。 「そして、この失敗の代償は、世界で最も貧しい国の生活と生計で支払われるでしょう」

 彼は、45以上の豊かな国で3900万回以上のワクチンが投与されたが、1つの貧しい国では25回しか投与されなかったと述べた。

Joomla templates by a4joomla