新型コロナに対するワクチン注射は来月に始められることが期待される

2021年2月27日

新型コロナ・ワクチン接種の追加の400,000回分が3月中旬までに届く。

ヨゥンテン・チェドゥ

 待望のCovid-19ワクチン接種プログラムは、3月18日から開始される可能性があることをクエンセルは知った。

 1週間にわたる全国的な予防接種プログラムは、その週にゾンカク内の移動の制約の可能性を含めて、学校や機関が閉鎖される可能性を伴いながら、キャンペーンモードで(特定の期間内に)実施されることになるだろう。

 これは保健大臣によると、保健大臣が最も重要な報道を得た。 「これは私たちの要求であり、提案は今や表示されています。 ですから、私たちがワクチンを持ったとき、この勧告は首相事務所から来るかもしれません」

 保健大臣によると、保健省は半年前に予防接種戦略の計画を開始し、全国各地にワクチンを届けるための国内の冷蔵保存能力と輸送方法を調査した。 彼女は、一般向けの知識向上プログラムがすでに進行中であると述べた。

 大臣は、ワクチン接種プログラムを開始する特定の日付はまだ決定されていないと述べ、日付の決定は追加のワクチンの到着を条件とすることになるだろうと付け加えた。

  「ワクチンを受け取った瞬間、2〜3日以内に展開できるはずだと感じています」

 ブータンは先月、インドから15万回分の新型コロナ・ワクチン(オックスフォード-アストラゼネカ)を受取りました。 ただし、対象とすべき全人口(533,000人)にワクチンを投与する政府の計画では、さらに383,000回分のワクチンが必要になります。

 外務大臣のタンディ・ドルジ博士は、政府は3月の第2週にインドからの新型コロナ・ワクチンの約40万回の追加分を期待していると述べた。

 クエンセルは、追加の投与分が3月14日までに到着すると予想され、国の残りの部分へのワクチンについての進展が翌日開始されることを知った。 3日後の3月18日、予防接種キャンペーンが始まる。

 

予防接種戦略

 保健省の戦略は2つの段階に分類されます。準備段階では、ワクチンの登録やその他の後方支援が行われます。全国的な予防接種プログラムは、第2段階ですべての適格な人々に展開される。

 戦略に沿って、保健省は2月21日、15歳以上の登録を許可するオンライン登録ポータル(案内窓口)を立ち上げた。昨日の午後の時点で、63,000人以上がポータルに登録した。

デチェン・ウァンモ保健大臣は、オンラインポータルにアクセスできない地方の人々のために、首相事務所と地方自治体が登録を容易できるようにするだろうと言った。

 適格な人口全体に予防接種を行うには、国は約953人の予防接種者(注射を行う人)を必要とする。大臣によると、ブータンには現在2,400人のワクチン接種者がいるという。

 大臣は、保管時に、この国には約90万回分のワクチンを保持する能力があると述べた。彼女は、緊急事態が発生した場合、ヘリコプターを使用してワクチンを配送すると付け加えた。

 彼女は、それぞれのゾンカクとトンデは、学校、機関、その他のセンターをワクチン接種ステーションとして特定する任務を負っていると述べた。ワクチン接種をした後の個人が起こり得る副作用について、約30分間観察される観察室も特定されている。

 保健省の準備を強化するために、医療従事者が有害作用や起こりうる副作用を監視するための監視者の講習会が来月開始される。

 ロティ・ツェリン首相は特に心配することはないと述べた。

 「Covid-19ワクチンは、保健省が何十年にもわたって提供してきた他のワクチンと何ら変わりはありません。 実際、それは投与するのが最も簡単なワクチンの1つです」と彼は述べた。 「別の異なったワクチンであるからではなく、1週間以内に急いでワクチンを投与したいので準備をしています」

 首相はまた、ワクチンが安全であることを保証しました。 「Covid-19ワクチン接種が世界的に開始されてから1か月以上が経過し、1億人以上がワクチン接種を受けました。 これまでのところ、大きなリスクは報告されていません」

 保健大臣は、政府がワクチンを段階的に投与する当初の計画よりも大量ワクチン接種を決定した理由は、最大の利点を得るためであると述べた。

 彼女は、アストラゼネカワクチンの有効率は70%であるため、集団免疫を達成するために、一度に適格な集団全体にワクチン接種することが賢明であると述べた。 「予防接種を受けることで、自分自身だけでなくコミュニティ全体を守ることができます。このようにして、私たちは自分の周りに保護遮蔽を形成することができます」

 一方、外務大臣のタンディ・ドルジ博士は、は、ワクチンの2回目の投与は、最初の投与から2〜3か月後に推奨され、5月末に利用可能になると述べた。

 このため外務大臣は、インドが約550,000回分の新型コロナ・ワクチンを支援することに同意したと述べた。 「これに加えて、コウバックス・ファシリティから約108,000回のアストラゼネカと約5,000回のファイザーワクチンも期待されています」と述べた。

 外務大臣は、政府はファイザーのワクチン生産者にも約千回分のワクチンを調達するように働きかけたと付け加えた。 「ファイザーワクチンは、18歳以上の方に推奨されるアストラゼネカと比較して、16歳以上の方に使用できます」

Joomla templates by a4joomla