議会決議を実施する課題

2021年12月29日

MB・スッバ

 国会議員によれば、12月25日に終了した冬の議会の会期は成功したものであった。

 彼らは、会期の間の重要な成果の1つとして、野党からの2つの動議の通過を挙げている。

 ただし、動議自体の通過は、その実現を保証するものではない。

 野党の動議の1つは、既存の農業マーケティングシステムを「生産的かつ効率的な」システムに修正し、ブータンが二国間関係を結んでいる国との市場を確立することを目指している。

 野党によって動かされて通過した他の動きは、南東西の高速道路の建設をすぐに開始することであった:それらの高速道路とは、ナムラム(ペマガツェル)からデワタン(サンドゥプジョンカ)、ゲレフ(サルパン)からパンバン(シェムガン)、ラモイジンカ(ダガナ)からサルパン(サルパン)などである。

 バー認可証の発行の禁止を解除するというアタン_テッツォ(ウォンディ)選出のキンレィ・ワンチュク議員からの動議も、大多数で可決された。

 2022年1月から、ブータン刑法第284条(g)の施行を政府が発表した後、この動議は動いた。

 ロティ・ツェリン首相は、立法府による行政府の特権の侵害に関する動議の1つについての討論中に懸念を表明した。

 彼は権限分立の原則を強調し、立法府は行政府の特権を「強奪」すべきではないと述べた。 「私たちは将来のために正しい前例を設定する必要があります」と彼は主張した。

 しかし、首相は、政府は常に動議を実行するための努力をするだろうと付け加えた。

 ダメツェ_ンガツァン(モンガル)選出議員のウゲン・ウォンディ議員は、行政機関が優先する必要のある作業を開始および実施できなかった場合、立法機関が動議を動かすと述べた。彼はまた、政府を支援することは立法機能の一部であると述べた。

 政府は、実行不可能でない限り、動議を実行すべきだと彼は言った。 「政府は議会に報告し、今後の会期で動議が実施されない場合は、その正当性を明らかにする必要があります」と述べた。

 野党議員は、過去に可決されたすべての動議が実施された訳ではないと述べた。

 一部の当局者は、動議は法律ではなく、行政を拘束するものではないと述べている。彼らの主張によれば、動議は下院だけによって可決されるため、法案を可決する手続きには従わない。

 キンレィ・ワンチュク議員は、「可決された動議が地区に多大な予算上の影響を及ぼし、行政がそれを実施する立場にない場合、彼らはそれに反対し、実施されない可能性がある」と述べた。

 彼はまた、行政機関が活動の実施を無期限に延期すると、動議は流されると述べた。この延期は、社会経済に大きな影響を及ぼす。

 議員たちは、会期が最も短いものの1つであったと言った。

 国家評議会(NC)の副議長であるジグメ・ウォンチュク議員は、上院が政府に重要な政策提言を提出したと述べた。

 国家評議会は、下院で可決された国連総会での腐敗防止条約の改正を、受け入れることができないと述べた。法案は議会の合同委員会によって検討される。

 NCは、自殺と心の健康に関する問題、国有企業、腐敗防止年次報告書2020-21などの問題に関する勧告を提出した。

 合同会議はまた、政府が実施する会計監査の問題に関するいくつかの勧告を可決した。

 NC議員の1人は、会期で論争が引き起こされた問題はなかったと述べた。

 冬の会期を調査した観察者によると、議論の質は、それらを短くし、議題を堅持するという点で改善された。

 ある観察者は、この会期は、第1回および第2回議会ほど、国民が注目するほど熱く、物議を醸すものではなかったと述べた。

 「私はまた、首相を含む国会議員が、過去の会期ほどに、今回はゾンカ語のことわざを使わなかったことがわかりました」と彼は言った。

 法案に関する委員会の宿題が改善されたことが観察された。 過去の会期では、ゾンカ語と英語のテキストの書記的な誤りや不一致に対して、かなりの時間が費やされたと指摘された。

 しかし、過去の傾向の1つは続いていた。一部の議員が発言権を握ることは滅多になかったが、ほとんどの議論に貢献したのは同じ議員であった、とも言われた。

Joomla templates by a4joomla