プンツォリンの灯火管制は今日終了

2021年8月14日

・・・住民は封鎖されていることについて、懸念を表明している

ラジェッシ・ライ | プンツォリン

 南部のコービッド-19作業部会(SC19TF)は昨日深夜、プンツォリンでの24時間の停電が、今日午前9時に終了することを示す通知を発表した。

 作業部会(SC19TF)は、8月9日に発行された封鎖解除通知で発表された緩和と制限は継続すると述べた。

 しかし、作業部会は、医療用品集積所(MSD:Medical Supply Depot)から陽性と判定された11人が、封鎖を解除してから過去数日間に店舗や事務所を含むいくつかの場所を訪れたと述べた。

 「陽性の症例は特定され、84人の一次的な接触が追跡され、検疫されたが、他の人々への感染の可能性を完全に排除することはできません」と通知は述べている。

 作業部会(SC19TF)は、疑わしいすべての個人を追跡および検査し続け、強化された調査と監視を実行する。 「陽性の症例が訪れた場所に居住し、事業を営んでいる人々は、健康監視および感染防止規約に従って検査されなければなりません」

 作業部会(SC19TF)は、急速に進化する状況とコミュニティ感染の継続的なリスクを国民に思い出させ、警告し、顔マスクの着用、石鹸での定期的な手洗い(または手指消毒剤の使用)など、すべてのコービッド-19安全規則に熱心に従うよう人々に促した。物理的な安全距離を維持しなければならない。

 「非常に避けられない場合を除いて、居住者は家にいて、混雑した場所や家族以外の人々との不必要な交流を避けることをお勧めします」と作業部会の通知は述べている。

 一方、コービッド-19の症状のあるすべての人は、すぐに最寄りのインフルエンザ・クリニックに行き、ウイルスのさらなる拡散を防ぐために検査を受けるように促される。

 作業部会(SC19TF)は、政府機関、企業、民間企業のすべての責任者に、スタッフ、顧客、訪問者の安全のために必要なすべてのコービッド-19安全対策と施設がそれぞれの組織で実施されていることを確認する全責任を負うよう求めている。 「それぞれの機関の長は、違反に対して完全に責任を負わなければならない」と作業部会は述べた。

 

住民の気懸り 

 プンツォリンでの緩和措置は短かかった。 3日後、当局は昨日それを24時間の灯火管制期間を置いた。

 人や車の動きは完全に止まった。輸出入を含むすべての事務所および事業は、追って通知があるまで閉鎖された。

 多くの住民は、自己充足型で動作している場所であるMSDで起こったことは、予防可能であったと述べた。住民はこの問題の説明責任を求めている。

 住民は、自己充足型の医療施設から陽性の症例が検出されたという事実にさらに不満を感じている。

 デチェン・ワンモ保健大臣は、「私にとっては、それは健康または非健康の本質に関するものではありません。私たちは国に1つの規約を持っており、誰もが例外なくそれに従わなければなりません」

 当局は、「8月10日にプンツォリングの封鎖を解除した後、その職員と家族が町のいろいろな場所や店を訪れて必需品の買い物をした」と発表した。これは過失を表してしている。

 ある会社員は、最近の危険地帯-2の集団検診では、陽性の症例は見られなかったと述べた。

 ゲレフー、サムドゥプジョンカル、ナガングラムなど、同じ危険因子を持つ他の場所で繰り返し症例が見られなかったのに、プンツォリンが症例を報告した理由を理解するのは難しいと彼は述べた。

 プンツォリンの住民はまた、自己充足型感染防止規則を再検討する必要があると言っている。

 約10日前、緩和措置が発表される前でさえ、そこに滞在している女性が陽性を示した後、建物は赤くマークされた。

 クエンセルは、自己充足型のホテルに働きに行った後、彼女が陽性であると検査されたことを知った。封鎖前に彼女は、ホテルを所有する店主のために、セールス・ガールとして働いていた。ホテル経営者は、彼女は仕事がなく、遊んでいたので彼女に電話をした。

 ホテルはプライベートな自己充足型場所として機能した。 ドゥク石油会社タンカーの運転手と、民間の店のスタッフが数名いた。

 情報筋によると、タンクローリーの運転手は自主的に自給自足していたため、運転手が家に帰るという伝染のリスクが取り除かれ、感染防止規則の誤りが伝染を引き起こしたのではないかと疑われている。

 女性は朝仕事に来て家に帰った。 彼女はテストで陽性になり、住んでいた建物全体が赤くなった。 ホテルでは、タンクローリーの運転手もテストで陽性であった。

 作業部会(SC19TF)が8月9日に緩和措置を発表したとき、34歳の男性がその夜インフルエンザ・クリニックで陽性を示した。 彼はホテルで12人の同僚と一緒に住んでいた。 自己充足型の建物は封鎖され、8月10日に予定通り緩和措置が行われた。

 作業部会(SC19TF)は、症例が早期に発見され、隔離され、連絡先が迅速に特定され、隔離されている限り、より大きな地域社会への曝露は最小限に抑えられるべきであると述べた。 限定されたクラスターまたは建物レベルの封鎖が課せられるであろう。

 しかし、特にワクチン未接種の集団内で大規模な地域感染が疑われる場合は、プンツォリンの行政区(トムデ)の封鎖が必要になる可能性がある、と作業部会(SC19TF)は以前に述べていた。

 ツェリン・パルデン:編集

Joomla templates by a4joomla