2人の死亡、Covid-19のワクチンとの関連性はない

2021年4月2日

保健当局によれば、これまでAEFIから重大な報告はない

ヨンテン・チェドゥ

 Covid-19のワクチンの初回投与を受けた後の最近の2人の死亡は、ワクチン誘導性―ワクチン接種に関連したものではなかったと、保健当局者は述べた。

 ペマガツェルーゾンカック(県)の84歳の男性は、最初のワクチンの投与を受けてから40時間後の今週初めに死亡した。今週2人が死亡した後、いくつかの懸念が提起された。全国予防接種技術諮問グループ(NI-TAG)は、死亡はCovid-19のワクチンによるものではないことを立証した。

 NI-TAGのメンバーである一般医ダカル博士は、男性が気管支喘息を患っており、定期的な投薬を受けていたとクエンセルに語った。 「予防接種の前でさえ、彼は息切れの症状を持っていました。彼はトイレに行く時も呼吸困難に陥っていました。つまり、わずかな労作で息切れが起こりました」

 ペマガツェルの医師が行った調査に基づいて、一般医ダカル博士は、ワクチン接種後、男性は副作用の兆候を示さなかったと述べた。 「彼は喘息を患っていましたが、ワクチン接種後、症状の強度や症状を起こす時間は増加しませんでした」

 彼はその男性が翌朝重度の息切れを訴えたと言った。 「彼の通常の薬を使用しているにもかかわらず、彼は重度の喘息になり、それが原因で、私たちは彼を失いました。ワクチンとは関係ありませんでした。私が最初に診断したとき、彼はすでに重体でした」

 彼はその人が、ワクチンが原因で死亡した場合、彼の症状はワクチン接種後に次第に進行したであろうと付け加えた。 「彼はまた、ワクチン接種後、何の副作用も報告しませんでした。彼の事件について話し合った後のNI-TAGの医者は、彼の死はワクチン接種によるものではないと結論付けました」

 彼の家族はクエンセルに、その人はすでに「深刻な病気」であると語った。 「医者の報告が示唆しているように、彼の健康状態が彼の死の背後にある理由であった可能性があり、ワクチンはそれとは何の関係もありませんでした。彼はすでに非常に重い病気でした」

 しかし、そのうちの一人は、彼は病気でしたが、ワクチン接種の(2日後)後に死亡したという事実には、疑問が残ると言いました。 「彼は病気にもかかわらず、これまで私たちと一緒にいました。私たちが何事を確かめるにも、難しいです。しかし、今のところ、私たちは診断レポートを信用するしかありません」

 その後医師は、2人の故人の家族はワクチンを疑うことはしなかったと述べた。

 NI-TAGの別のメンバーであるソナム・ワンチュク博士は、ワクチンに対する深刻な反応はすぐに現れると述べたため、予防接種後30分間の強制観察が実施された。

 予防接種後に亡くなったもう一人は、今週ブムタンに住んでいた男性でした。ダカル博士は、アルコール依存症の男性がワクチン接種の準備のためにアルコールを飲むことをやめたと言った。 「彼は飲酒を止めるたびに発作を起こしたという症歴がありました」

 男性はまた、観察中には副作用のことを報告されていなかった。真夜中ごろ、彼がトイレに行ったとき、彼の妻は男性が倒れるのを聞いた。 「妻がチェックに行ったとき、彼は床にいて発作を起こしていました」とダカル博士は言った。 「いつものことだと思ってベッドに運ばれたが、翌朝妻は意識を失っている男性を発見し、病院に電話した」

 ワンディコリン病院の医師は、男性が頭部に外傷を負っていたことを発見した。保健当局は患者を空輸しようとしたが、悪天候のため、彼は陸路で国立照会病院に運ばれた。

 「CTスキャンを行ったところ、彼の脳には新鮮な出血と古い出血の両方があり、以前にも同様の事故があったことがわかりました」と医師は述べた。 「私たちは血を抜こうとしましたが、彼を救うことができませんでした」

 

予防接種 (AEFI) の報告と記録

 昨日の午後3時の時点で、ワクチンを接種した429,599人のうち、、8,452件のAEFI (予防接種後有害事象)がNI-TAGに報告された。 当局者によると、多くの人が複数のAEFIを報告しており、一度に4つ以上のAEFIを報告している人もいる。つまり、この事象は全体が、個々の人によって報告されているわけではない。

 ソナム・ワンチュク博士は、これまでに報告されたAEFIの大部分は、頭痛、注射部位の痛み、発熱、吐き気などの軽微なものであると述べた。 34件の重大な事象が報告された。

 重度の事象の中で、4人がアナフィラキシー反応(ワクチンによって引き起こされた重度のアレルギー反応のこと)を経験した。

 

今日はすべて安定した状態

 ソナム・ワンチュク博士は、他の重篤な反応には入院と即時の処置が必要であったが、ワクチンとは関係がないと述べた。これらすべてのAEFIは、政府医療機関であるブータン・ワクチンシステム(BVS)で報告および記録される。

 BVSは、全国的な予防接種プログラムの一環として開始された。予防接種プログラムの計画と登録に加えて、BVSは主に予防接種に関するリアルタイムのデータを収集および監視し、必要なときにいつでもどこでも即座に行動を起こすために設立された。

 ワクチン接種後の副作用または反応は、システムを介して、モンガルとゲレフーに配置されたNI-TAGおよび地域のNI-TAGにオンラインで報告された。

 3つの地域のNI-TAGは、報告されたすべてのイベントを積極的に監視する、医療および小児の専門家、薬剤師、および各病院の医療監督者を含む専門家で構成されている。

 ダカル博士は、BSVでイベントが報告されるとすぐに、専門家が提供された症状をスキャンし、それを重大なイベントと軽微なイベントに分類したと述べた。 「医師はまた、入院している人々に個人的に付き添います。軽度の症状のある人を含むその他の人については、ホットライン1010、2121、112を使用して積極的に追跡しています」

 予防接種直後は厳しい反応が見られることがあるが、体の発疹など重度の息切れを経験した人は、予防接種後すぐに主治医に連絡する必要があるとのことである。

 アナフィラキシー反応(ワクチンによる唯一の生命を脅かす反応)は、個人が唇の腫れ、かゆみを伴う声、嗄声または喉頭の腫れ、速い心拍、騒々しい呼吸、および突然の血圧低下を経験した場合に発生する可能性があると彼は述べた。 「誰かがこれらの症状を経験した場合は、すぐに相談医に連絡する必要があります」

 ソナム・ワンチュク博士は、既存の病状のある人は、頭痛や発熱などの軽微な出来事を含むあらゆる反応を報告することが推奨されていると述べた。

 「最終的に、私たちの目的は、深刻か軽微かを問わず、すべてのAEFIがワクチンによって引き起こされるかどうかを確認することです。 これを確立した後、私たちはWHOを通じて国際社会と調査結果を共有することになります」

Joomla templates by a4joomla