野党提案は挙手で承認された後に電子投票

2020年12月3日

ヤンチェン・C・リンジン

 国民議会は昨日、野党議員が提起したすべての公務員の定年を60歳に引き上げる動議を挙手によって可決した。

 その後、17人の議員が「賛成」、17人が「反対」と投票する電子投票が行われた。 6人の議員が棄権した。下院は、議長は電子投票の結果に基づいて、動議を可決しないことを決定した。

 これは混乱を引き起こした。

 野党は満足しなかった。野党の議員は動議が挙手によって承認されたとき、電子投票の必要はなかったと言った。

 野党の報道官であるパサン・ドルジ議員は、この動議は2014年の手続き規則(ROP)に従って、過半数に支持されており、可決されたと見なされるべきであると述べた。 「電子投票は無効であるべきです」

 議員は、政府が公務員の定年を随時見直すシステムを導入すべきであると提出した、最初の提案動議に挙手による投票をした。

 その後、44人の議員のうち35人が、公務員のすべてのカテゴリーの定年を60年に延長することを提案した2回目の提案に、手を挙げて「賛成」と投票した。

 パサン・ドルジ議員はまた、電子投票の結果が賛否同数の場合、議長は決定票を投じるべきであると述べた。 「しかし、誰もが手を見せて動きを支持したとき、同数の問題はありません」

 ワンチュク・ナムゲル議長はクエンセルに、動議を可決するには過半数の投票が必要であり、この場合は過半数を獲得しなかったと語った。彼は、決定を議会に任せることに決めたが、その結果は同数であったと言った、

 報道官は、同数の場合に議長が投票するべき規範があるが、議長が投票しなければならないことは、議会の手続き規則(ROP)に記載されていないと述べた。 「ROPはまた、議長が挙手で投票した後で、電子投票を要求できないことも記載されていません」

 「投票を使用するかどうかは議長の権限であり、行われた議論を注意深く見て、私は投票しないことに決めました」と議長は言った。 「私は、挙手によって通じて行われた投票を検証および再確認するために、電子投票を呼びかけました」

 挙手で「賛成」と投票した国会議員が電子投票で「反対」と投票した後、多くの人が混乱してショックを受けた。

 デワタン・ゴムダ―選出のウゲン・ドルジ議員が動議を動かした。

 「平均寿命が何年にもわたって増加し、現在71.58である国にとって、公務員の定年を56歳に設定するのは若すぎます」とウゲン・ドルジ議員は言った。 「これにより国は、そうでなければ働き続けることができた非常に経験豊富な従業員の人的資源を失います」

 6月の時点で31,278人の公務員が、60歳で退職する幹部と専門家、58歳で退職する専門家と管理職に分類されている。監督職務とサポート職務の両方、および運用職務のカテゴリでは56歳で退職する。

 ウゲン・ドルジ氏はまた、ほとんどの公務員退職者の退職後給付は、既存の失業者の仲間に追加することを除けば、退職後の生活を維持するのにかろうじて十分であると付け加えた。

 「退職後、これらの公務員のプールは民間部門の市場で仕事を探し、失業者の若者は市場で彼らと競争しなければなりません」と彼は言いました。

 多くの会員が定年を随時見直す制度を設ける動議に賛成したが、定年を60歳に引き上げる必要性に反対した者も多かった。

 代わりに、多くの人が、定年を引き上げるだけでなく、公務員が退職、退職後、住宅計画、年金、保険に備えるのを支援することを検討することが重要であると述べました。

 「私たちは退職者を助けるために年齢を超越しなければなりません。退職後のサポートは重要であるため、退職保険の提供を検討する必要があります」とダアクタン-ランティル選出議員ジェム・ドルジ議員は述べている。

 一部の議員は、定年を引き上げても、公務員以外の機会を見つけた公務員は辞任すると述べた。政治のために公務員を辞任し、野党党首を辞任した元野党党首の例を引用する人もいた。

 「個人が退職するまでに経済的に強くないために定年の引き上げが提案された場合、それは彼らが経済的責任を負わないことを意味します」とタシチョーリングからのディル・マヤ・ライ議員は言った。

 他の人々は、定年を引き上げることは、すでに増加している若者の失業問題をより悪くする可能性があり、彼らはその動きを支持しないと提出した。

 運動を支持する人々は、公務員が仕事を探す唯一の場所ではないと主張し、王立公務員委員会は毎年約500人のカレッジや高校などからの卒業生を受け入れているが、3万人以上の失業者の若者がいると述べた。

 ダメツェ-ガツァン選出のウゲン・ワンディ議員は、卒業生がより高いレベルの仕事を探す一方で、若者が56歳で退職する人々の仕事を引き受けるかどうかは疑わしいと述べた。 「では、定年の引き上げはどのように失業を妨げるのでしょうか。少ない人数で効率的な公務員は、公務員の数を基本に考えるべきではありません」と彼は言った。

 デワタン-ゴムダ選出のウゲン・ドルジ議員は、王立公務員委員会は卒業生のみを受け入れ、若者の失業にはクラス12以下を修了した人々が含まれると述べた。 「定年のことで若者の仕事の機会が奪われることはありません」

Joomla templates by a4joomla