政治を再定義する使命(BKP)

2018年9月8日 国政選挙2018年

 ブータン・クエン・ニャム党は、この常に精力的な党首の熱意と活力を込めて、この選挙を始める国の政治を、再定義する野心的な使命に着手した。

 ブータン選挙委員会は、候補者47人に不足している候補者を失格させた後、2013年に選挙前夜に屈辱を免れた. BKPは2012年6月に新たな政党として浮上した。 新しい政党が登録を申請することは、初めてであり、最初の女性公務員が辞任して党に加わるようにした。
 BKPは政治的に依然として、205台の公共自動車の分配、ビジネス雇用情報センターの合併、公務員の賃金を引き上げることに疑問を抱きだけでなく、PDP政府の「東部を引き上げよう」(Rising East)の方針を支持した。

 今日、デワタン-ゴムダ(サンドゥプジョンカー)選挙区候補者であるネテン・ザァンモ氏は、アウ・ネテンと愛情を込めて知られているが、BKPは、彼女を党首として新たな自信を持って登場してきた。
 ネテン・ザァンモ氏は、腐敗防止委員会委員長、内閣秘書官、外務次官、退職後の農民など、数多くの専門職業に就いている。

 ネテン・ザァンモ氏は、彼女の人生で政治に参加することを考えたことはなかった。公務員を退職後の農民として働いている間に、人が変わろうとするならば、どこかに身を置かなければならないことを知った。

 そして、その人が変わるプロセスは2017年5月、サンドゥプジョンカーのデワタンで、父親の植えた木の下で、BKPの手綱を引き継いだところから始まった。

「しかし、もっと重要なのは、私が政治に加わったのは、人々の物事の考え方を変えるためであった。 現在政治家は、信用できない人として、凶悪犯罪者に見える」と、BKPに加わった日に彼女が言った。 「私はそれを変えなければならないと思う」

 さらに彼女にとって重要なのは、BKPの価値観と原則は、彼女が全人生で守り続け、妥協することを拒否したものと一致していたことである。

 したがって、党の3つの主な見解は、腐敗せず、包括的であり、独立を堅持することである。
 言い換えれば、党は、選挙の規則を厳守して、有名な金持ちから大きな寄付の受け入れを拒否するということである。
 党は、人がお金持ちで有力な人に借金を負っていれば、有利な政策やその他の方法で恩恵を返済しなければならないと主張している。

 党が政府として最初に行うことは、人々の間に政治家の信頼を築き、彼らが恐怖を感じることなく、自分の気持ちを表明する場が存在するようにすることである。

 しかし、BKPはネテン・ザンモ氏一人だけではないと、彼女は主張する。 党には、副党首のソナム・トブゲィ氏、元財務省次官のラム・ドルジ氏、副知事のプッシュパ・ラル・チェトリ氏、前国家評議会委員のジグメ・リンジ氏とデチェン・ザンモ博士とその他の有能な候補者がいる。 党には有望な青年と適度な数の女性候補者がいて、6人が適切な継承を確実にしている。

 BKPは、2013年には、シェムガンを除くすべてのゾンカクから218名の会員を持っていた。 2018年7月現在で、過去5年間にその内59人は登録抹消されており、その間会員数は5倍に増加した。 

 予備選挙に勝つかどうか、いくつかの確立された政治文化、主に金銭の必要性が問われる。 支持者たちは、金銭的要因のために候補者を確保することさえ困難だった、と支持者たちは語った。 

 党は、党会員制を構築することを期待していないので、党会員増加の大きな伸びはない。  ネテン・ザンモ氏は、強力な会員増強の活動をしている党は不健康であると感じている。 「これは、党内のコミュニティを分裂につながり、健全ではない」と彼女は語った。

 党首は選挙運動の一行に、運転手と甥の2人の仲間しかいない。 彼女は時には控えめな予算での食事を抜いている。

 ティンプーで開催された党大会では2,500人以上の参加者がミーティングホールの後ろで調理され、候補者とその親戚によって食事が給仕された。ボランティアに助けられた候補者は、ジュースやボトルウォーターのトレーを運び、飲み物を提供した。

 ネテン・ザンモ氏は、党首の有権者との会議の大半の時間で、自由で公平な選挙を主張している。 彼女は人々に彼女の党に投票するように求めず、人々に質問をするように勧めている。 「BKPは人々の心を動かして、責任感を持たせる」と彼女は会合で語る。重視するのは、国家建設における人々の集団的責任の意識を持たせることである。

 党は主に、ゾンカクに対する彼らの命令のために後退した。 候補者の中には、テレビ放送された公共的な演説会で期待通りの結果を出すことができないものもあった。 党首はまた、演説会により多くを求めて支持者から去った。

 しかし、党指導者たちは、投票日にBKPの投票箱が空のままであるかどうかは重要ではない、という重要なメッセージを有権者に大声で明瞭に発信した。 しかし、有権者は意識のある選択をして、国の貴重なものが、乾燥し無くならないようにすべきある。

 それにもかかわらず、党支持者は、誓約は誰もそれ以上の償いを後に残さないことに焦点が当てられていると言う。

 BKPは、誓約が実現可能であると主張している。 それらのほとんどは思想的である。 党には、その誓約はどのように実施されるのか、約200ページの詳細な文書がある。 誓約は政治腐敗だけでなく、自立したブータンについて述べている。

 第12次計画の実施、教育改革、100%の灌漑と飲料水、穴のない道路、すべての人が購入可能な住宅の確保、民間セクターの発展、青少年の雇用機会の向上のためのスキルの向上、医療サービスの改善への投資、などを約束する。

 公務員にとっては、賃金引き上げのほかに、養育と昇進の選択において、縁者びいきと腐敗を廃止することを約束する。

 党のロゴの5色の円は、政治的な概念を構成する5要素を表している。 5つのサークルによって示された概念は、本質的に彼らの宣言である。

 黄色の円は、憲法への忠誠を重視する豊かでユニークな文化を表している。 緑の円は、持続可能な開発と緑の経済発展のための天然資源の利用を表す。 褐色の円は、広範な、地域的にバランスの取れた経済発展と成長を維持する努力と平等な機会を通じた社会開発の強化を意味うる。 赤丸は 不平等を減らす責任、人々のエンパワーメントの追求、法の支配、セーフティーネットの提供、すべての人権と個人の尊敬を尊重した民主的かつ多元的な制度への参加などの理念などを表している。

 シンボルの中心にある青い丸は、社会経済、環境、独特の文化の健全性にとって重要な良い政治を表している。 白い背景はツァワ-スム(Tsawa-Sum:役者注、ブータンの宗教的な言葉で、国王、国、人民を意味する)のサービスにおける心と心の純粋さを表している。

 5つの円はすべて本質的に相互依存しており、外側の5つのリングに代表される調整された球体で相互作用しながら、中央円はGNHの全体的な追求において緊密な調和を維持している。

ニャムチュン党の効果

 2008年の第1回国民議会選挙で、ドゥク・プェンスム・ツォクパ(Druk Phuensum Tshogpa)はニャムチュン党の名称となり、2013年には国民民主党に移行した. BKPはメディア事務所や支援スタッフなしでも、ニャムチュン党(Nyamchung Party)と呼ばれている。

 いずれの政党も支持していない有権者は、BKPが予備選を通過しなかった場合、その党を存続させるために投票すると言っている。 「この党が予備選を通って来ないならば、私はBKPに投票する」と、他の党の支持者の大部分は言う。 中立的な有権者は、党首の情熱と正直でまっすぐな人格を信じている。

 党は、腐敗のない党と、選挙や統治の際の腐敗と戦うためのイメージを作り出すことに成功している。

 その反腐敗の最高指導者であり、正直でまっすぐな党首は、ブータンの最初の女性首相になるだろうか? 時間だけが教えてくれる。

 ツェリン・パルデン

free joomla templatesjoomla templates
2018  bhutanjoomla2   globbers joomla template