DNTはゲレプを変えると約束

2018年10月9日 国民議会選挙

 ドゥク・ニャムル・ツォクパ(DNT:協同党)のロティ・ツェリン党首は、彼の党がゲレプとその周辺地域を過去10年間以上に変えることができるだろうと語った。

 彼は、昨日ゲレプにおいて、チュゼルガン・ゲオの集会場に溢れる群衆に対して、またウムリン・ゲオの集会場とペリトリタン学校において同様に溢れる群衆に対して、このように述べた。

 「ゲレプは、それと同じような国境の町が繁栄している一方で、治安問題によって休眠状態に制約されている」とロティ・ツェリン党首は述べた。

 通常DNTの党首は、主に党の広範な誓約を話すが、ゲレプでは地元への誓約と党の候補者について話した。

 彼は4つのゲオと、マオ川を隔ててその対岸側にある主要都市のドゥンカク事務所を結ぶ橋が建設されるであろうと言った。

 「これまでの選挙で誓約されたが、今度はその建設を実現する」と述べた。

 河岸が整備されれば、広い地域がレクリエーションやその他の目的のために再生され、転換される可能性があると、ロティ・ツェリンは述べた。

 DNTの党首は、そのゾンカクの農民を含む誰もが、党の移動改革の恩恵を受けると述べた。

 党の誓約では、国境を越えて安い日雇い労働者を雇うことを許可し、それは自宅での労働不足を補充するのに役立つだろう。

 党は入国審査地点を、国境入り口の様々な場所で開くことを約束した。

 彼は、国境のゲートにある現行の入国審問所は、簡単な許可で自由な動きが促進されるために、さらに内側に移動すると述べた。今日労働を雇う許可を得るのに2日もかかる、と彼は言った。

 ロティ・ツェリン党首はまた、国境沿いの500mの緑のゾーン区域は、廃止されるだろうと述べた。 「これは開発活動を容易にするために役立つかもしれない」と彼は言った。

 もしゲレプ空港が国際空港として作られるならば、その地域のビジネスが促進され、町は繁栄した都市に変わるであろう。

 そのような変化でトムデ自治区に持ち込むことにより、治安問題を緩和することができ、この町の候補者が大臣になれば、このような道筋がはるかに簡単になる。

 DNTのカルマ・D・ワンディ候補者は、2008年から2013年までの間、ゾンカク代表の国家評議会議員として活動している。

 「彼は有能な人であり、この土地に真の変化をもたらす遺産を残すために厳しく献身している」と彼は語った。

 党首は昨日チランに行き、テレビ公開討論のためにティンプーに向かう途中で、今日はチランとワンデゥで選挙活動を行う。

ツェリン・パルデン| ゲレフ 

free joomla templatesjoomla templates
2018  bhutanjoomla2   globbers joomla template