ブータンは変化を選択(NA選挙)

2018年10月19日 トップ記事、NA選挙

 47のブータンの選挙区の中で30の選挙区で、昨日ドゥク・ニャムル・ツォクパ(DNT:協同党)は、第3次国民議会議員選挙で勝利した。

 すべての選挙運動の演説で、ロティ・ツェリング党首が主張したように、DNTは西部と西南部のすべての12のゾンクカグで一掃して、その26の選挙区で勝利した。
 党が予備選挙に比べて東部でさらに3議席を獲得したので、東部での党の選挙戦略が効果を発揮したことになる。  タシガンのラディ・サクテンとシムシン・カンパラの選挙区では、競争相手のドゥク・プエンスム・ツォクパ(DPT:ブータン調和党)が予備選挙で勝利したこれらの選挙区で、DNTが勝利した。 モンガル選挙区でも同じようにDNTが勝利した。
 前野党であるDPTは17の選挙区を獲得し、2013年の総選挙からは2人増えた。

 DPTは5つのゾンカク(ブムタン、シェムガン、タシ・ヤンツェ、ペマガツェル、サムドゥプ・ジョンカ)のすべての選挙区で勝利したが、予備選挙で勝利した3選挙区、すなわち、タシガンから2議席、モンガルで1議席を失った。 パロのラムゴン・ワンチャン選挙区とサムチェのドプチェン・タディン選挙区(DPTが予備選挙で勝利した2つの選挙区)も今回はDNTが勝利した。

 DNT党首を含む5人の候補者が第3期目に再選され、第2期目の2人が再選された。

 昨日のDNTの勝利は驚きではなかった。

 多くの投票者は、予備選挙でDNTが最も高い得票を獲得して以来、党の勝利を予測していた。また、ロティ・ツェリン党首も「国民民主党(PDP)の支持者はすべてわが党に投票するだろう」と語っていた。

 選挙後の多くの人々は、最初の党首討論、公開討論会、党選挙運動などを通して、DNT党首の変化への説得に成功していると評価する人もいたが、他の人は、新党に統治の機会を与えるという共通のあらすじを信じていた。

 DNTの勝利の主な要因の1つは、農村部のすべての患者と有権者を重視することによって、外科医として多くの人生に触れたとして、この党が「医師の党」であるとして訴えているロティ・ツェリン党首にあった可能性がある。

 無料のWi-Fiを提供し、クラス10の共通認定試験をやめ、水と住宅の問題を解決するという誓約は、有権者にもうまく受け入れられた。

 しかし、党首が提案した閣僚級の地位の目録書は、東部の多くの候補者にとっては、有権者に影響を与えなかった。

 潜在的な大臣候補と見なされたモンガルの候補シェルブ・ギェルツェン氏とタシガンにおいて閣僚を派遣した2人の候補者を除いて、東部の他のほとんどの選挙区はDPTが勝利した。

 昨日の選挙では投票率は71.46%で、予備選挙からの増加は約5%だった。

 昨夜のブータン委員会(ECB)の選挙管理委員会が発表した数字によると、全体の投票率は313,473人で、うち159,319人が女性で、154,154人が男性だった。

 郵便投票機の投票率は113,920人で、うち54,449人が女性で、59,479人が男性であった。 EVM(投票所の電子投票機)による投票数は199,553票で、うち104,870票が女性で、94,689票が男性であった。

 選挙結果が出始めたとき、委員会のウェブサイトは、選挙区の数がほぼ60に達するというトラブルに遭遇した。

 メディア広報担当者でもあるECBの選挙部門長のソナム・トビガル氏は、有権者の投票率が正確であることを確認するため、無効とされた郵便投票を調査していると述べた。

 しかし、人々が総選挙をより真剣に受け入れていることから、彼の期待通りの成績を収めた。 「人々は、自然な自分の責任を認識していた」と述べた。

 ソナム・トビガル氏は、郵便投票に登録されているにもかかわらず電子投票機で投票する人は、排除されていることを指摘し、選挙は円滑かつ成功していると述べた。 「ブータン選挙管理委員会は、選挙に関与したすべての関係者に感謝したい」と述べた。

タシ・デマ

free joomla templatesjoomla templates
2018  bhutanjoomla2   globbers joomla template