GNHの日を祝う文化祭り

2018年11月7日 ニュース

 11月11日に国民総幸福(GHN)の日を祝って、GNHセンターブータン(GNHCB)はティンプーの100周年記念公園で一日の国際文化祭を開催する。

 GNHCBの記者発表によると、祭典はセムトカ聖域での祈りの提供から始まるだろう。

 文化祭は、11月11日の第4回ドゥク・ギェルポの誕生記念日と同じ日に、GNHCBが主催して毎年行われる祝典の一部である。

 お祝いの一環として、瞑想、ヨガ、プラニックヒーリング、伝統医学などの健康と幸福に関連する様々な屋台が、「表現の幸福」のフェスティバルのテーマの下に開かれる。 屋台は午前10時半頃に開店する。

 今年のフェスティバルでは、ダンス、音楽、詩、その他の芸術的なパフォーマンスを通して、GNHの価値を体験し、促進し、受け入れ、創造的な表現を示すためのプラットフォームが提供される。

 「参加者のための重要な要素は、創造的な芸術を通じて、GNHが有意義な発展のための空間を創造し、芸術を促進し、文化と価値を取り入れ、そしていかに個々の人間が地球の持続可能な未来を形作る責任を持っているかを実証することだろう」

 言語文化学部のGNHクラブのメンバーであるタクセは文化祭を組織し、雑誌を発行する予定である。

 記者発表によると、GNHCBの理事長あるケサン・チョデン・ワンチャックと王女と当局者が夕方にこのプログラムに参加する予定だった。

 GNHセンターブータン(GNHCB)は、非営利の市民団体である。 センターは、国民の幸福のビジョンと哲学を称える記念として設立された。
 B-Grimm、バンコク;ル メリディアン、ティンプー;ブータン電力会社とブータン印刷会社は、今後のイベントをサポートする。
 スタッフ記者

free joomla templatesjoomla templates
2018  bhutanjoomla2   globbers joomla template