著作権に基づく産業はGDPの5.5%

2018年11月15日 ニュース

 知的財産の年次誌2018年によれば、著作権に基づく産業は、GDPの5.5%、雇用総額の10.1%の寄与であった。

 これは、2011年に著作権に基づく産業(CBIs)に関する唯一の調査が国で行われたことに基づいている。 調査によると、CBIは2万5千人以上を雇用し、2008年には30億900万Nu.のGDPを計上した。
 世界著作権機構(WIPO)は、国家統計局から提供された二次データに基づいて調査を行った。 主要なデータは、2009年10月から11月にかけて実施された構造化アンケート調査、半構造化インタビュー、集中グループ討論を通して収集された。

 この調査によると、CBIのGDPへの貢献度は、2001年にはわずか2.8%に過ぎず、2008年には5倍近く増加した。著作権産業のGDPへの貢献度は、米国の11%以上から2% ブルネイまでとなっている。 CBIのGDPへの平均寄与は5.18%であった。

 

 WIPOによると、著作権に基づく産業は、権利保護の対象となる創作、生産、製造、業績、放送、通信に携わる産業である。

 CBIは、中核となる著作権業界、著作権保護された商品を制作する企業、および中核となる著作権業界をサポートする、または、関連する非中核著作権業界である。

 報道と文学に関連するCBIは、43%と最高の経済貢献度を占め、ラジオとテレビがその次に17%を占めた。 ソフトウェアとデータベース関連の企業はGDPの8%に貢献した。 少なくとも3%は、国内の広告代理店が貢献した。

 調査によると、CBIに携わる労働者の約47%が女性であったが、従業員の総報酬の14.5%しか受け取らなかった。 「これは、少数のより高い地位の女性従業員が、より良い給与を支払らわれているからであろう。この格差は、CBIに雇用されている女性労働者が男性よりも低い技能で働いていることによるものであろう」

 著作権部門が2012年に自主預託金・登録制度(VDRS)を開始して以来、21の業務が登録され、2015年に最高100件の登録を受けている。

 最初の3年間で、登録料だけで部門から集められた収入は、30万Nu.から50万Nu.であった。 最高額の手数料は、2015から2016の年度の間に34万Nu.で集められた。これは主に外国の登録の増加によるものである。
 当局の年次刊行物によれば、人々の意識を高めて人々の時間と趣味を変える必要性に応えるために、新しい宣伝資料を改善し開発し、意識向上プログラムを継続する必要があると述べられている。

 ニマ

 

free joomla templatesjoomla templates
2018  bhutanjoomla2   globbers joomla template