セントラルスクールの計画の見直し

2018年11月24日 ニュース

 政府関係筋によれば、前政権の最重要政策の一つであるセントラルスクールを再検討し、大幅に改善しようとしている。

 最近、内閣はGNH委員会に第12次計画の内容を見直し、セントラルスクールの計画の拡脹を見直すよう求めた。

 外務省と政府のスポークスマン・タンディ・ドルジ博士は、「現在の学校に間違っているところを修正することなく、新しい学校を開設することはできない。 私たちはGNH委員会にセントラルスクールの改善方法を調査してもらうことを頼んだ。これはとても良い戦略である」と述べた。

 これまでのセントラルスクールに対する苦情の一つは、低学年の子供たちが、このような学校に入るにはあまりにも若すぎて、十分な世話をすることができないことである。

 リョンポ-・タンティ・ドルジ博士は、彼らは小さすぎて、養護の問題などがあると述べた。

 既存のセントラルスクールの問題は、より若い子供が十分な世話が与えられず、教師が適切な寄宿舎を持たず、学校が生徒で満杯であることである。

 「これを取り除きたい」と彼は言った。 「これらはすべて来週中に確定されるだろう」

 大臣は、もしセントラルスクールが必要とされるならば、政府はその計画を確実に拡張するだろうが、セントラルスクールの仕組みは異なることになる、と述べた。

 「それはクラスPPからクラス12までではなく、クラス7からクラス12までとなるであろう。 これは私たちが変えようとしていることです」と彼は述べた。

 彼は非公式の寄宿舎を減らすために、第12次計画に別の対策があると述べた。

 「前期中等学校(lower secondary school)のような他の学校においても、そのような改善は必要であり、必ずしもセントラルスクール学校に限る必要はない」と彼は語った。

 全国には現在64のセントラルスクールがあり、第12次計画では60以上を開設する計画があった。

 ドゥク・ニャムル・ツォクパ(DNT)は、セントラルスクールを改善するために、その見直しを行い、特定の地域社会で有益で、都合のよい戦略的コミュニティ・スクールや小学校を再開することを選挙公約していた。

 ツェリン・パルデン

 

free joomla templatesjoomla templates
2018  bhutanjoomla2   globbers joomla template