ブータンは15年間に64の外国資本投資を承認

2018年5月23日 トップ記事

 ブータンは、2002年に外国からの投資(FDI)を承認してから、これまでに64件の外国から直接の投資のプロジェクトを承認し、その総資金額は340億Nu.であった。

 FDI年次報告2017によれば、2016年では国は5件のFDIプロジェクトを承認した。このことは、その時以来、1年半の間に、10件のプロジェクトが承認されている。

 経済省の関係者によると、2017年と2018年の第1四半期に原則として19件のプロジェクトが承認された。これにより総計は83件になる。  全体のFDIの投資家のうち、65%がアジア出身、25%がヨーロッパ出身、9%がアメリカ出身、その他はオセアニア出身である。

 インドは製造業における最大の投資家の国であり、サービス部門への最大投資はシンガポールとタイからのものであった。
 FDIの約38%は雇用を創出する可能性があって、強い通貨を獲得できる業種の1つであるホテル業界が占める。 また、ICT部門の投資額は17%で、合計11件のプロジェクトがある。
 電力集約型製造業では4件、金融サービスでは4件しかない。 農業や酪農活動の場合は、その数が倍増している。

 この年次報告書によると、FDI企業は2016年時点で4,871件の雇用を創出しており、そのうち93%は地元の人である。 2010年には2,341件の雇用が創出されていた。
 報告書は、2002年のFDI政策の実施が2005年に始まったと述べているが、政策の採択前にはほとんどFDIは存在しなかった。
 例えば、ブータン国立銀行やブータン銀行などの企業は、FDI政策の実施前であっても、国際金融公社とインド国家銀行の株主を抱えていた。 これらの2つの機関によって作成された雇用も、FDIが作成した雇用機会と見なされる。

 しかし、旅行会社ブータン・マウンテン・ヘーゼルナッツ・ベンチアーは872人で最も多くの人を雇っている。
 2016年で、FDI企業に対して16億Nuを税の形として政府拠出財源として貢献して、歳入の7.5%を占めている。
 FDIプロジェクトは、主にティンプー、パロ、チュカなどの西部のゾンカクに位置し、前者の2つはサービス部門で、後者は製造部門で占められている。

 経済大臣と共にFDI部門の高官であるソナム・ラモ氏は、5月17日と18日に開催されたベター・ビジネス・サミットで、投資環境を改善するためにいくつかの改革が行われていると述べた。
 例えば、最近のFDI政策の改訂では、民間部門からのフィードバックと外国人投資家の最低限の投資額が20%から10%に削減されたと考えられている。 FDI企業は土地所有も許可されている。

 投資家の国への配当金の送金についても、強い硬貨の国に対しては、一部の緩和が謀られた。
 この取り組を更に推進するために、e-規制がオンラインで行われ、投資家向けガイドが100の国際的な言語により、オンラインで利用可能であるとソナム・ラモ氏は述べた。

 彼女はまた、財政的インセンティブを、ビジネスの容易さに関するランキングの改善を強調した。 また、工業団地の完成と委託後の信頼できる水力発電プロジェクトの電力の増加により、国の産業面積は6倍に増加すると見積もられている。
 FDIを誘致するために努力している努力と、しばしば過剰に訴える独特のセールスポイントにもかかわらず、その地域に流入する外国投資の規模は非常に小さい。
 ツェリング・ドルジ

 

free joomla templatesjoomla templates
2018  bhutanjoomla2   globbers joomla template