カベサでトラを監視中:NCD

2018年3月29日 ニュース


 自然保護局(NCD)の当局者によれば、3月22日の早朝、ティンプーで保護されたロイヤルベンガルトラは、現在観察中である。

 およそ10歳ぐらいのオスのトラが、3月21日の早朝4時30分ごろ、最初にカベサで発見された。

 タバにある野生動物レスキューと動物保健所が、犬ジステンパーにかかっている可能性について、調べていた。「病気でなかったら、トラが通常、町に現れることはないので、我々は病気を疑っている」

 NDCの当局者は、狂犬病と犬ジステンパーに対する高速な診断をしたら、それらに対しては、ネガティブであると証明されたと述べた。血液のサンプルがタイに送られていた。

 「犬ジステンパーにかかったトラは、通常人を怖がらない」とNCDの当局者が述べた。

 トラは若く、健康であるように見え、試験結果が届くまでは、タバの野生動物レスキューと動物保健所に保護し続けると、彼は述べた。

 もし、虎が犬ジステンパーにかかっているならば、その保健所で保護し続けなければならない。この病気は治らないし、他のトラに感染る可能性があるかも知れない。

 NDCは人々が、トラを見に来ることを差し控えるよう急がせている。

 「我々は、トラがどんな病気にかかっているか知らない。人がこの病気を閉じ込めるチャンスがある」と当局者は述べた。

 タバの住民であるウゲンさんは、住民が3月22日にトラと出会した後は、彼らは不気味が混ざった感じを持ち続けていた、と語った。ある者は、トラの出現を村の不吉な前兆と考えている。「我々はこの出来事をどう捉えるかわからない」

 タバの住民は、昨日地元の神を喜ばすための儀式を組織した。

 カルマ・チェキ

free joomla templatesjoomla templates
2018  bhutanjoomla2   globbers joomla template