第5回ブータン国際マラソンで日本人が優勝

2018年3月5日 スポーツ記事

 3月3日プナカで第5回ブータン国際マラソンに約369名が参加した。

 男子のフルマラソン(42km)では、22歳の日本人ヨシユキ・ハラさんが、1着でレースを2時間27分18秒で完走した。彼は昨年の男子ハーフマラソンで1着であった。

 2人の兵士、王立ブータン軍(RBA)のドゥプト・ワンチュクさんとロイヤル・ボディ・ガード(RBG)のキンレイ・ギェルツェンさんが、それぞれ2:47:07と2:54:14の記録で、2着と3着であった。

 女性フルマラソンのレースでは、サラ・イーストンさんが、3:42:17で1着となった。彼女はミヤンマーの難民チャリティ募金のために走ったプロのアスリートであった。

 ウースラ・シュルツさんとぺマ・ザムさんが、女性フルマラソンの2着と3着となり、それぞれ記録は、4:11:50と4:43:23であった。

 レースは、ガサのタシタンからスタートして、プナカ・ゾンの駐車場がゴール地点であった。途中、チャンギュルから火葬場を回り、300フィートの吊橋を渡り、クルタンに向かうサムディンカの道を通った。

 ハーフマラソンでは、3人のRBAの兵士、フーパさん、ニマ・ドルジさん、キンレィ・テンジンさんが勝者となった。フーパさんの記録は、1:18:46で、ニマさんとキンレィさんは、それぞれ、1:18:54と1:19:11であった。

 女性のハーフマラソンでは、ジョセリン・ブラッドリさんが、1:40:14で1着となり、ティンプー・プライマリ・スクールのジュリアン・マモラさんが1:44:14で2着であった。

 ティカ・モンガーさんが3着で、記録は1:57:04であった。

 ハーフマラソンは、カビサのシリガンがスタート点であった。

 マラソンの勝者は、3,000ニュルタムから20,000ニュルタムまでの現金で表彰された。

 レースには419名が参加したが、幾人かは指定の時間内で完走できなかった。指定の時間は午前8時から午後の3時であった。

 参加者については、277名が外国人で142名がブータン人であり、73名は50歳以上であった。

 タシ・デマ

free joomla templatesjoomla templates
2018  bhutanjoomla2   globbers joomla template