ハ・ゾンカクは、野犬の数を調節するために、罰金を設けることを住民に周知

2018年3月17日 ニュース

昨年ハで、毎月少なくとも20人が野犬に噛まれる

 3月9日のハ・ゾンカクの会議において、ハのイウズ・ゲオの地区長ニマ・ツェリン氏は、野犬を避妊手術場に連れてこなかった住民に対し、一家庭当たり500 Nu.の罰金を科す計画を提案した。

 ゾンカク議会の議長ティンリー氏は、当議会はイウズ・ゲオの提案を支持しているが、罰金を科すシステムはすべてのゲオとその中心商業地において統一されているべきだと述べた。
 彼は、人々が準備できるように、避妊プログラムを事前に知らされるとよいと述べた。

サマの地区長ツェワン・トブゲィ氏は、イウズ・ゲオがこの提案をしたが、問題がないかもしれないが、実施する前に最初に人々と相談する必要があると述べた。
 「サマの人々はこの提案について知らされておらず、最初に最初に相談する必要があります」と彼は言った。
 議会は罰金を徴収するためにチオク・ツォクパ(チオクの代表)を特定した。 資金がどこで、どのように使われるのかはまだ決まっていない。

 バリの基本保健所ユニットI(BHU)の記録によれば、昨年毎月少なくとも20人が野犬に噛まれている。
 昨年240人以上が犬の咬傷で治療され、今年の約33人の犬の被害がBHUに報告された。

 獣医師のジグメ・ティンレィ博士は、犬の個体数を管理するために、年2回、地域動物繁殖管理(CABC)プログラムが実施されていると述べた。 「町や混雑した地域なで、それが必要な場所で、繁殖管理プログラムが実施されている」と述べた。
 最も最近のCABCプログラムは、昨年12月11日に行われた。
 国が犬の個体数増加に対応するため、国家犬個体数管理(NDPM)と狂犬病管理プログラム(RCP)は、政府とヒューマンソサエティ・インターナショナル会社との共同プロジェクトとして結成された。

 ハトエのソナム・ドルジさん(54歳)は、野犬の一団が街の中心のあたりにうろついていると話した。 「通常、私の友人や親戚は、私と一緒に歩くことや、迎えに来てもらうことを求める」
 彼は、ほとんどの人が夜間に外出しないし、犬に攻撃されると、あまり助けを求めることができない、と述べた。
 CABCのほか、毎週火曜日に、「犬を愛する日」というプログラムが行われる。 「これは基本的に、ペット、飼い猫、番犬や野犬の不妊化キャンペーンです。 これらの犬には、客の求めに応じて、ノミの創傷やワクチン接種のための治療も提供されています」と彼は言った。

 獣医関係者は、犬を捕まえるための十分に訓練されたスタッフはいないと語った。 「必要があるときはいつでも、私たちは犬を捕まえるスタッフのためにティンプーにある動物衛生センターに申請書を送付します。 犬を捕まえることは最も難しい課題です」
 当局者は、過去には犬を捕まえようとしたが、ほとんどが捕まえた後に、逃がしたり、隠したりしていると語った。 「私たちは現在居るものに、不妊と医療サービスを提供することに専念しています。 犬を捕まえるためには、時間と訓練を受けたスタッフが必要です」
 しかし、冬の間、これらのキャンペーンは約3〜4ヶ月間続く。 「寒い環境では、手術は犬にとって有害な作用があります」と獣医当局は述べている。

次のプログラムは今年4月から継続する予定である。

人的資源、地域社会からのより良い協力と支援は依然として課題である。 獣医師は、この種のキャンペーンを実施するには、多くの計画と準備が必要だと語った。 「薬が十分でない場合は調達する必要があります。 このようなプログラムが実施される前に、住民に知らせる必要があります」
 関係者は、ゾンカク中の犬の個体数を推定するのは難しいと述べた。
 NDPMとRCPの報告2016は、第1段階では、約506匹、2段階では、約256匹の野犬がワクチン接種されたことを示している。
 リンチェン・ツァンモ|ハ

free joomla templatesjoomla templates
2018  bhutanjoomla2   globbers joomla template