ティンプーで効率的なゴミ収集を始める

2018年6月9日 ニュース

 ティンプー・トムデは、廃棄物を減らし、市内に散乱するごみを減らすことを決めた。ゴミ収集トラックが時間通りに利用できるだろう。

 この取り組みには、ごみ収集トラックの行き渡ることをスケジュールどおりに維持すること、役所営業時間外に廃棄物を収集すること、共同監視の努力を確実にすることなどが含まれる。
 ティンプー・トムデの環境管理者、ツェリン・ヤンゾム氏は、ごみ収集トラックが全く来なかったか、時間通りに到着しなかったため、人々は不注意にごみを廃棄したと言った。

 ごみ収集サービスの業者は、ほとんどの場合、ごみ収集トラックが機能していなかったために、時刻表通りに維持することができなかった。 「ごみ収集トラック用のスペアパーツの不足も問題である」と言った。
 グリーナ・ウェイについては、13台のごみ収集トラックがあり、クリーン・シティには5台のごみ収集トラックがある。 多くの場合、一緒に集められた半分の数のトラックが収集義務を負うことになる。 トムデには24台のごみトラックがある。 すべてのごみトラックには、トンデがトラックの動きを監視するためにGPSシステムが実装されている。

 ツェリン・ヤンゾム氏は、トムデは、すべてのトラックを道路に出せるようにサービス業者に求めていたと語った。 「トムでは、サービス業者のトラックに問題がある場合に、バックアップのトラックを送り、苦情の数を減らすのに役立っている」と彼女は語った。
 廃棄物の不法投棄を抑制するために採択された別の取組みでは、役所営業時間後に最も多くの廃棄物を生み出す場所から廃棄物を収集することである。 現在、ごみ収集車は、就業時間の後、オラカ地区とチャンザムト地区に対応している。 チャンザムト地区では、6月6日から開始された。

 ツェリン・ヤンゾム氏は、チャンザムト、オラカおよびモチタンは、都市廃棄物の不法投棄の最も多く報告された事例を持っていると述べた。
 彼女は、人口が多いために、午前9時前には、ごみ収集車がオラカとチャンザムトのすべての場所で利用できるとは言わなかった。 「昼間から夜間にスケジュールを変更した」
廃棄物が私有地に投棄された場合、土地所有者が責任を負うことになると、ツェリン・ヤンゾム氏は述べた。

 トンデの職員とサービス業者は、少なくとも週に1回検査を受ける。ツェリン・ヤンゾム氏は、共同監視が問題の解決に役立つ可能性があると述べた。 「人々が特定の問題について不平を言うと、サービス提供者を含めて対応する人々がいる」
 監視に加えて、人々は罰金、罰則、および廃棄物の分類についても認識している。

 2012年の廃棄物管理および管理規制によれば、公共エリアでの、ごみ捨て、排尿、排便、石灰の塗りつぶし、ドマのつば吐き、などの100 Nu. から、規制による禁止地域に投棄したり、放出することや、関係する当局から許可を得ずに産業廃棄物を投棄することなどの20,000 Nu. まで、罰金が課せられる。
 また、廃棄物の投棄を減らすために、来年度に廃棄ステーションを設置する予定である。
 カルマ・チェキ

free joomla templatesjoomla templates
2018  bhutanjoomla2   globbers joomla template