マンデチュープロジェクトは工事の97%が完了

2018年6月11日 トップ記事

 720MWのマンデチュー水力発電プロジェクトの迂回トンネルは9月15日から10月15日の間に閉鎖される。これはダムを水で満たすために必要で、通常は水力発電プロジェクトの最後の活動である。
 今年5月31日現在、96.5%の工事が送電線路を含めて完了している。
 プロジェクトの総責任者であるA・K・ミッシュラ氏は、マンデチュー川の長期データでは、モンスーン期間中に100 立方メートル/秒の排出量であるこが明らかにされたと述べた。 9月中旬までには、それが58立方メートル/秒に減少すると、彼は述べた。これはチャンネル化された方法で、放水をコントロールするためにはより管理し易いと、彼は言った。

 ダムを満たした後、取水トンネルが開けられ、沈泥除去室に迂回し、次に導水路(HRT)トンネルに水が送られる。「トンネルに水で埋めるのに15日かかるだろう」と彼は語った。
 「圧力シャフトとサージ・シャフトに水を充填した後、各タービンは1台ずつテストされる」とA・K・ミッシュラ氏は述べている。 「同様に、各マシンはインドのシステムと同期する必要があります」と述べた。
 これらの全体のプロセスを終了するには、約1ヶ月かかるであろう。 「すべてが円滑に進んだ場合、11月の試運転の日付は達成可能です」と彼は付け加えた。

 すべてのマンデチュー・プロジェクトの主要な土木関連、水力機械、電気機械、送電線およびの応用技術システムは、完成に近づいている。
 導水路トンネルでのコンクリート舗装の作業は現在進行中である。 導水路の作業の約94.6%が完了している。 残りの工事は8月末までに完成する予定である。 導水路コンクリート舗装の仕事は、財政難や、熟練労働者と未熟練労働者の不足のために影響を受けている。 作業を迅速化するため、導水路には8つの大型クレーンが配備されている。

 ダムについては、99.7%の作業が完了している。 取水トンネルと沈泥除去室はすでに昨年完成している。 今年4月には、水門の設置が始まり、順調に進んでいる。
 5月31日現在、電気機械部品の95%は物理的改善がされて、発電所の工事は完了に近づいている。発電所洞窟自体は8階建ての建物の大きさである。4機のすべての変圧器は、既に届いている。
 2017年12月の価格水準での3回目の改訂費用見積もりで、527億900万Nu.は、今年3月にMHPA(マンデチュー水力発電プロジェクト機構)の経営陣によってインド政府に提出された。 5月31日現在、このプロジェクトはインド政府から453億5,000万Nu.を受け取った。そのうち443億 Nu. が費やされた。

 発電の試運転の後、プロジェクトは年間で30億単位(kWH)のエネルギーを生成する。
 「利用可能なデータによれば、マンデチュー・プロジェクトは最近運転開始された最近の水力発電プロジェクトと比較すると、最も難しい地形や困難な物流にもかかわらず、最も安価で、最適な時期に運用される」とA・K・ミッシュラ氏は述べている。
 マンデチュー・プロジェクトの送電線は、西ベンガル州アルプァジュア・サブステーションが運転開始した後、118MWのタンジブジ水力発電プロジェクトの電力を送電する予定である。
 ツェリン・ドルジ

free joomla templatesjoomla templates
2018  bhutanjoomla2   globbers joomla template