LPG:買い占めの文化をなくそう

2018年6月15日 社説

 私たちは時々、液化石油ガス(LPG)の不足を経験してきた。 二ヶ月前、ティンプーで起きた。 現在、サルパン、チラン、ダガナ、シェムガン、ブムタン、トンサの6つのゾンカクでLPG不足が起きている。
 LPGは、国の都市部と農村部の両方で、主要な調理燃料である。 現在、農村部の家庭の大部分が、食事を調理するためにLPGに依存していることは、国の発展のあかしでもある。 また、私たちは現在、燃料木材のための森林への負荷を少なくしていることを示している。 したがって、見出しに沿った混乱は、ブータンの台所を困難な状況に置くことになる。

 しかし、LPGの不足は、おおもとからのものではないようである。 もちろん、援助的価格で、毎月約800トンのLPGをインドから輸入することができる。 これは、主に低収入の人々のために向けられたもので、十分でなければならない。 買い占めの結果で生じた国のガス不足に対処するため、今年2月9日から約49,300個のガスボンベで7万トン以上の非援助的価格のLPGが利用可能となった。

 援助的なガスボンベを譲り、非援助的なLPGを選ぶことができる人を励ますために、援助されていないLPGが導入されたとき、援助を受けたLPGを手放そうとする人はあまり出てこなかった。 かわりに、買い占めが本格的に始まった。 ティンプーでは、平均的なブータン家庭で少なくとも3つのLPGのボンベを保持していることは珍しいことではない。 非援助のLPGが出て来てから数ヶ月は、250よりわすかに多い非援助のLPGボンベしか売れなかった。 経済省が一般市民、特に政治的および官庁の職員に、補助金がかかったLPGボンベを譲ることを訴えたとしても、これまでの対応は有効なものではない。

 最近、ティンプーの消費者がこれまでに返却された援助的なLPGボンベの200以上のものが、ハの2つのゲオに分配された。変更には「時間がかかる」と言っている貿易当局は、議論の価値はない。 事務所は、人々を敏感にし、教育するのに十分なほどの努力はしていない。 実際に変化を見たいと思えば、オフィスは在庫管理を実行し、非助成のLPGを購入できる家から、助成されたガスボンベを引き出すことができるだろう。

 ボンベあたり200 Nu.の余分の出費は、余裕がある人にとっては恥ずかしいものである。非援助的なガスを購入できる人たちが、地方の厨房に補助的なガスを譲るだけで、私たちは十分なLPGを家に持っている。
 買い占めの文化をなくそう。

free joomla templatesjoomla templates
2018  bhutanjoomla2   globbers joomla template