増加する車の数とその悪影響

2018年6月5日 ニュース

 ウゲン・ザンモさんは、午前6時半に目を覚ませば、午前7時に始まる毎日の集会に出席することができる。 しかし、彼女は午前5時に起床している。 午前7時までに、彼女は司令官に、同僚と顔を会わせているだろう。
 午前7時30分、ティンプーの人々は、交通を円滑に保つために、ティンプーの様々な地域で、チュマ・ウゲン・ザンモさんと38人の交通警察が配置されているのが目撃される。
 ウゲン・ザンモさんは、過去とは違って、交通を継続させるのは難しいと言っている。 「交通は、午前7時30分から午後9時まで渋滞している。 そして私たちは、割り当てられたことをしなければならない。 それは、交通を指示するために、一日中立っていることを意味します」と彼女は言う。

 ウゲン・ザンモさんは、2016年ごろの車両台数の増加を思い出している。今ティンプーの道は、ほぼ一日中混雑している。
 ウゲン・ザンモさんは、2014年にブータン警察の交通部に加わった。
 いろいろな対策にもかかわらず、ティンプーの車両は急激に増加した。 2015年4月、国内に71,681台の車両があり、うち37,991台がティンプーにあった。 現在、ティンプーには約46,000台の車両がある。

 15年以上の勤務経験を持つペポン・ギェルツェンさんは、ティンプーの道路での車両数の増加による悪影響を目撃している多くの交通警察の中のひとりである、
 ウゲン・ザンモさんとペポン・ギェルツェンさんの両方が、今日目の問題を抱えている。 ウゲン・ザンモさんは、最初に警察に加わったときには、視力の問題はなかったと話した。 「今日、私は遠く離れたものを見ることができません。 他の警察職員にはこのような問題はないので、私が太陽光や公害にさらされているからだと確信しています」

 ブータン環境報告書2016によると、直径10ミクロン(PM10)の粒子状物質の濃度は、2015年に世界保健機構(WHO)と欧州連合(EU)ガイドライン値を超えている。
 粒子状物質(PM)は、空気中の有機および無機物質の固体および液体粒子の複雑な混合物から成っている。
 PM10は肺の中に浸透して肺の奥に深く沈み、健康に有害な粒子として定義されている。 高濃度のPM10に曝露すると、咳や喘鳴、喘息発作や気管支炎、高血圧、心臓発作、脳卒中、早期死亡、眼の炎症を引き起こす可能性がある。

 大気質測定では、マイクログラム/立方メートル(μg/ m3)の単位で、PM濃度が記載されている。
 報告書によると、ティンプーのPM10濃度は、40μg/ m3を超えています。 この濃度は、PM10の20μg/ m3のWHOのガイドライン限界の2倍である。 EUの規制値は40μg/ m3である。
 警察職員はまた、日差しや公害からの保護のためにマスクやサングラスの必要性を感じている。
 ギェルツェンさんは、朝は目が涙っぽいと言っている。

 ギェルツェンさんは、2002年に警察に加わった。彼はゲドゥ、チュカで最初の勤務をした後、2017年にティンプーに帰った時に、ティンプーの車の数にびっくりした。
 「そんなに大きく変わっていまった。 私は2002年と2003年にここにいたときに、事故処理をしました。私がここに戻った後、私は同じ義務を負いました。 報告された事故の数は、今日では本当に巨大です。 私たちは毎日約4件の軽傷事故を経験しています」と彼は述べた。
 ウゲン・ザンモさんは、今日のティンプーの道を走る車のモデルの範囲を調査した。 「新車モデルはほぼ毎月ティンプーに到着します。 我々はそれらを識別するために車のモデルまたは番号を知る必要があります。 新しいモデルを覚えておくことは難しい」と話した。

 市内の乗り物数の増加は、警察職員の責任を増加させた。
過去とは異なり、チャンリミタン・スタジアムでの駐車限界は、新たな問題である。
「今日、イベントの前に、ゲスト用の駐車スペースを予約する必要があります」と、ギェルツェンさんが言った。
 ティンプーでは車両の渋滞により、駐車違反や事故が頻繁に起きる。
 ウゲン・ザンモさんは、6時間のシフトで、いろいろな交通違反のために約20人を逮捕したことを思い出す。

 ウゲンさんにとって、交通規則について人々に教育をすることは難しい。「一度、私が彼らに罰金を科したという写真を人々が投稿しました。 彼らが酔っているときに、その人たちを扱うことは難しい」
 前警察署長を率いて2015年に、歩行者を含む交通事故の増加に伴い、タクシー運転手を、ゼブラ交差点規則を指導した。 約12人の自転車の交通警察が、毎日ティンプー地区を検査している。
 今年2月7日の内務省の年次業績合意(APA)の中期レビューで、警察署長は電気パトロール車とティンプー市にCCTVカメラを設置するための追加予算を求めた。 この提案は、犯罪率の低減と交通関連の犯罪の削減を目的としていた。
 プアパ・ラモ

free joomla templatesjoomla templates
2018  bhutanjoomla2   globbers joomla template