トムデはまだ焼却炉の建設を決めていない

2018年1月3日 ニュース

 ティンプー・トムデと関係当局者は、廃棄物焼却炉の実現可能性調査を完了した後、それを使用すべきかどうかを決定する。
 ティンプー・トムデのファブ・ツェリン環境担当官は、焼却炉は高価であり、財政的に検討すべきことがあると述べた。 「ハイテク焼却炉は何百万ニュートラム以上もの費用がかかる」

 期限が切れた処方薬または麻薬性物質の安全かつ効率的な破壊のためには、薬剤焼却炉が必要であることが判明した。
 この調査の結果は、3月にティンプーの関係当局者に提示される予定である。日本の専門家チームが、現在、焼却炉の実用可能性を研究している。

 「研究の後、トムデ、国家環境評議会(NEC)、環境規制委員会(DRA)、そして関係当局者の間で、焼却炉を使用するかどうかを決める」とファブ・ツェリン氏は述べた。
 いくつかの薬は地下に埋められて有害な影響はないが、摂氏1000度以上の温度で焼却しなければならない薬品もあることがわかっている。

 持続可能性のために、毎年の薬品廃棄物データを収集することが推奨された。
ゲドゥには廃棄物を完全に燃やさなかった焼却炉がある。
ファブ・ツェリン氏は、焼却炉は通常最低温度が800℃以上であるため、 廃棄物が焼却されると、有害なガスも燃焼され、環境への影響は無視できる程度であると述べた。

 現在、期限切れの医薬品はプンツォリンのパサカにあるセメント工場で焼却されている。
  リンチェン・ザンモ

free joomla templatesjoomla templates
2018  bhutanjoomla2   globbers joomla template