政府は前公共事業大臣の財政優遇を認めた公私混同を調査するよう腐敗防止委員会(ACC)に要求

2018年1月26日 トップ記事

 政府は1月25日、腐敗防止委員会(ACC)に、前回の政府が与えた財政的優遇と関連して、前公共事業大臣イエシェ・ジンバの公共事業大臣の公私混同の訴訟についてを調べるよう通知した。

 「現在の政府は、政策腐敗の要素、公的権力と機能の乱用、明白な公私混同の宣言の欠如、追加的な財政的優遇の付与に関連する公的違法行為の要素があるとの見解を示している」首相官邸から発表された報道発表で述べた。

 元大臣の娘は、追加の財政優遇の承認時に、積極的な建設中であったM/s Bhutan Hotel会社(現在は、ル・メリディアンとして運営されている)と呼ばれるティンプーの町のFDI統合ホテルのオーナー(パートナー)である、とその報道で述べている。

 「首相は、第156回閣僚会議で欠席したため、追加的な財政的優遇を承認されたイエシー・ジンバ大臣が議長を務めた」と報じた。 それゆえ、イエシィ・ジンバ氏は、法律で要求されているように、「公私混同のないことを宣言する」ことは意図的にしなかったばかりか、追加の財政的優遇策の承認に向けて他のメンバーよりも優位な位置に立つことができた、

 公式記録によると、ブータンホテル(ル・メリディアン)は、追加の優遇措置として7,808万ニュルタムの恩恵を受けている。 したがって、92のホテルのうち、ブータンホテルだけが総免税額の41.20%を享受していたと、その報告は述べている。

free joomla templatesjoomla templates
2018  bhutanjoomla2   globbers joomla template