元BBSの従業員がタシヤンツェからNC選挙に立候補

2018年1月8日 ニュース

 ブータン放送サービス(BBS)の元編集員、フーパ・ゲルツェン氏は、タシヤンツェのラムジャ・ゲオからの国家評議会(NC)の選挙に向けて闘う予定である。
 ゴチャ村の39歳は、ニュースレポーターと編集員としてBBSに13年間仕事をしていた。 また、2004年に内閣の補佐官を務めた。
 彼は2003年にカンルンのシェラブッツェ・カレッジから芸術学士(ゾンカ語)の称号を受けた。

 彼はタシヤンツェで彼の学校教育を始め、セムトカで高等教育を修了した。
フーパ・ゲルツェン氏は、彼が選出されたならNCの任務を果たすための努力をすると述べた。「既存の法律に関する私の知識と理解が、私に有利に働くだろう」
 国家評議会は、法律の枠組みにおいて重要な役割を果たすであろうから、国民とNCに利益をもたらすべきだと、彼は述べた。 「法律は、国の平和と調和の基礎です。 私たちが法律を制定するときは、人々と相談して見解を得なければなりません」

 彼は、開発を直接行うことができなくても、開発に関する関係省庁に質問することができると述べた。
 フーパ・ゲルツェン氏は、政治的キャリアを開始し、人々の問題を理解するには、政党員でない国家評議会が良い場所であると述べた。 「何の経験もなくて、ある政党の一員として争うと、同僚の摩擦が生じる可能性がある」

 彼はBBSでの彼の経験が、彼が政府の方針と問題をよりよく理解するのを助けたと言った。 「BBSで人々に仕える仕事をしているときと、選挙された代表者として奉仕するときには大きな違いがあります」と彼は述べた。
フーパ・ゲルツェン氏は、彼の経験と知識に基づいて人々が彼を支援することを望んでいると語った。

 カルマ・チェキ

free joomla templatesjoomla templates
2018  bhutanjoomla2   globbers joomla template