ダガナには一人の女性NC志望者としての元ジャーナリストがいる

2018年1月4日 ニュース

 元ジャーナリスト、チャド・ワンモ(31歳)は、ダガナからの国家評議会(NC)選挙を目指す唯一の女性候補者である。

 彼女は20人の男性候補者と争うことになる。
 チャド・ワンモは、農村地域の人々は男性が女性よりも能力があると考えると述べている。  

 「私はその考え方を変えて、他の女性のためのさきがけになりたい」
 彼女はそれが挑戦になることを知っている。

 彼女は、政府は女性を教育し、選挙に女性を参加させることを奨励するために多くの支出を行っていると述べた。
 1人の子供の母親は、国王陛下が民主主義を王位からの贈り物として言っているだけでなく、国家を強化するための集団的責任も伴うものと述べていると言った。
 チャド・ワンモ氏は、ダガナの人々が2013年のNC選挙で候補者が1人しかいないため、選択肢を得られなかったと主張し、人々に選択肢を与えることに決めたと述べた。

 彼女はカルナ・ゲオのカゴチェン村から挑戦する。
 インド・シロンのノースイースタンヒル大学で経営学の学位を取得した彼女は、1年間にわたり民間の新聞のブータンオブザーバーの記者として働き、ホスピタリティ業界の経営者とイベント管理会社のマーケティング責任者として働いていた。
 「すでに多くの開発活動を行ってきたが、今後取り組むべき課題が多い」

 彼女は現在、自己PRツアーのさ中である。 彼女は選挙委員会に提出する書類もまとめている。
 二ァマラ・ポクレル | チラン

free joomla templatesjoomla templates
2018  bhutanjoomla2   globbers joomla template