ブータン公務員規則の改訂

2018年1月2日 トップ記事

公務員委員会は3つの章を追加する

 今年1月1日から、長期間の研修をした後復職し、辞職を希望する公務員は、改訂された「ブータン公務員法および規則」(BCRC)に従って、研修義務期間全体の間、勤務するか、給与全体を政府に払い戻す必要がある。(BCSR)2018。

 昨日公表されたBCSR 2018によれば、王立公務員委員会(RCSC)は給与を支払うが、公務員がお金を払わずに研修を続けることができた過去とは異なり、研修義務が増加するだろう。

 RCSCのタシ・ペム委員長は、最初に研修に就く公務員は、研究期間の2倍の時間を奉仕しなければならず、2回目に就くときには、研修期間の3倍に奉仕する必要があると言った。

 「以前は、公務員が研修休暇から戻ったときに、法律は研修義務を完了せず、残りのサービス義務の費用を払い戻すことで辞任することを許した」とタシ・ペム氏は語った。 例えば、義務が8年であれば、公務員は4年間勤務し、残りの4年間に対してお金を払って辞任することができる」と述べた。

 タシ・ペム氏は新しい規則について語った、今は違う。 公務員は何度も何度も研修することができるが、修了後は勤務を続けなければならない。 彼らが離職を選択した場合、すでに義務期間の半分を過ごしたとしても、研修期間全体の費用を払い戻す必要がある。

 BCSRのもう一つの改革をタシ・ペムは、長期研修の後の公務員の報告の時間であると言った。 1つのルールは、公務員が長期訓練から帰ってから21日以内に職場に報告することを義務付けている。 しかし、もう一つの規則では、公務員が3ヶ月以内に仕事を再開できると述べている。

 RCSCは公務員が給与を戻しも、辞退もせず、仕事に戻るのに時間をかけていることに気付いたため、さらに、ルールが明確ではなく、それをはっきりさせるために、3か月ルールを廃止した。」とタシ・ベム氏は述べた。   「しかし現在は、公務員は21日以内に報告しなければならず、22日目に報告すれば、強制的に引退し、財政的義務全体を支払わなければならない」

 昨日発効したBCSRは、公務員を強化し、より優れた透明性と職業意識と能力開発をもたらすために、委員会が2014年以来導入した5つの改革から生まれた。

 BCSRの大きな変化は、2014年6月から政府機関を横断して実施された組織開発実施やその勧告の実施の他、公務員支援デスク、退職計画サービスや若い公務員のための助言プログラムのような市民奉仕福祉制度の開始などの改革から導かれた。

  公務員が募集されている分野で訓練され、専門化されていることを保証するとともに、公務員への登録システムに完全性を期すための最高の構造の導入のような大きな変化は別として、RCSCは重大な不足している医師を引き付け、維持し、動機づけることを支援するために、医師の昇進の道改革を導入した。

 出産・育児休暇の強化、役員の業績管理、優れた管理のための管理システムの導入もBCSR 2018に含まれている。

 異常離脱(EOL)の形態は変わらないが、改訂BCSRではEOLの条件が変更された。 例えば、現在公務員はEOLの中で働くことができるが、公務員の職務や責任と矛盾する常勤の雇用やコンサルタント、あるいは政府の仕事やプロジェクトに雇用されることはない。

 「以前は公務員はEOL中に何もできなかったが、現在は例外もある。 柔軟な規則を作ったが、いくつかのルールがあり、現在は厳しいものである」とタシ・ペム氏は語る。
 BCSRは待機リストの変更も見ている。これは現在、暫定的移転と待機リストに列挙されている。 暫定的移転は、公共の利益のために地位を離れて他の場所で働かなければならないが、彼らの地位は保護されていない人々のためのものである。

 そのようなケースは、暫定的な移転リストに分類され、空席が発生したときには、職員は彼らの地位に戻される。 しかし、待機中のリストは、サービスを受けていない人のためのものである。

「例えば、個人的な理由でEOLに就いた人は、空席がある場合、自分の場所に戻ることができる」と委員長は語った。 しかし、今では、もしその機関が空席を持たないなら、長期の研修やEOLに携わった人はすべて、6ヶ月間待機リストに載せられる。 6ヶ月以内に空席がない場合は、自発的に辞任する必要がある。

 公務員は、すべての公務員がベルカーブ(統計学で使われる正規分布)によって評価される穏健度訓練も受けなければならず、政府機関の業績管理システムから独自の格付けが引き出される。
 「公務員が緩和委員会から3年間連続して優れた格付けを取得した場合、公認の昇進のために自動的に検討されるだろう。 しかし、3年連続で「改善が必要」と評価されている公務員は、奉仕の仕事から強制的に退職する」

 タシ・ペム氏は、評価の大部分は寛容であったため、改善評価がより早くする必要ないと付け加えた。しかし、現在、審議委員会が公務員を評価するだろう。
 移動の章の重要な変更は、すべての新しい被任命者が最低3年の任命の最初の場所に留まるべきであるということである。 別の変更は、両方の配偶者が同じ場所に移転されたときに、両者がそれぞれの職位に応じて交通手当を受けることができる。

 一方、408人の新公務員が就任宣誓をし、昨日公務員になった。 新しい任命者は2週間以内に仕事に加わるべきである。
 BCSRは、3,800人以上の公務員との協議および2017年3月から12月までの680件のオンライン質疑に基づいて改訂された。
 ヤンチェン・C・リンジン

free joomla templatesjoomla templates
2018  bhutanjoomla2   globbers joomla template