首相が水問題は解決すると断言している

2018年12月15日 ニュース

 首相は、昨日金曜日の会合に出席した内閣閣僚の2人によって交わされた「朝歯を磨いたか」という質問から出てきた、水問題に関する疑問に答えた。

 両閣僚は水道を利用することができ、家で洗濯したと語った。 しかしモチタンのレンギィ・デンサ特別地区に住んでいる首相は、住家には水がないので、ガイロン・ツォクカンの事務所で顔を洗ったと語った。

 彼は毎週金曜日に開催される報道記者との週毎会合で、現実の水問題を取り上げた。

 「水は非常に重要であり、私たちは飲料や灌漑のために、水のニーズに対処する責任のある専門の一つの中央組織を持っている」と首相が述べた。

 政府は、困難な問題にかかわらず、水問題は解決しなければならないと考えている。

 首相によると、公衆衛生局や農業省などの機関が水問題を担当しているが、問題は残っている。 政府はしかし、水の国民に対する誓約を守ることを決めていると、彼は述べた。

 ロティ・ツェリン博士は、政府が最重要プロジェクトを決めたと述べた。 彼はプロジェクトの詳細については述べなかった。

 「水については、解決すべき問題です。 私たちはそれを解決します。 電灯が消えたときには、電力会社にダイヤルします。 私たちはそれに似たものを持っていきます」と彼は言った。

 毎年夏季には、灌漑の水不足と水田の休閑地化の報告が日常的である。 ブータンの1人当たりの水利用可能性は、この南アジア地域で最も高い水準にあるかもしれないが、水分配システムが貧弱で、毎年家の水道の蛇口は乾いたままである。

 政府は2021年までに飲料水と灌漑用水を100%提供することを約束している。国により安全な飲料水への供給は長年にわたって改善されているが、飲料水と灌漑用水の不足はますます顕著になっている。

 政府は資源の豊富さと、適切な規制と改善策の欠如もあるが、たいてい水道網設備の劣悪さを水問題の中心に置いている。

 党のマニフェストでは、DNTは、ブータンの地域の水の最高の利用可能性の一つとして109,000立方メートルと見積もっているが、ほとんどの農村と都市の町で水の不足は深刻な課題であると言われている。

 「貯水池に豊富に水が存在していても、主に飲水や灌漑が急激に不足しているというのは皮肉です」と述べている。

MB・スッバ

free joomla templatesjoomla templates
2019  bhutanjoomla2   globbers joomla template