教育省はクラスXの切捨てオプションを調査

2018年12月13日 トップ記事

 教育省は、クラスXの学生のカット・オフ・ポイントを取り除き、クラスXIIまで勉強を続けることができるようにするために、最善の方法を研究している。

 教育大臣ジャイ・ビー・ライ氏は、この研究は完了するまでに約6ヶ月かかる可能性があると述べた。 「遅くても2020年までに最新のプログラムを公開できるであろう」

 大臣は、適切なインフラと教員と学生の比率があれば、高等学校の能力別編成クラスの数を増やすかどうかを検討すると述べた。

「私たちがこれらを十分に持っていなければ、民間部門に乗り出す必要がある」と述べた。

 国がクラスXIで3つのクラス編成を続けると、今日存在する同じ問題が続くだろうと彼は述べた。

 首相のロティ・ツェリン博士は、「クラスXIとXIIにおける従来のクラス編成からの卒業生に雇用市場がなければ、なぜそれを多様化させて、そのレベルで職業コースを持つことができないのでしょうか?」と述べた。

 TVETのカリキュラムは調査され、高等学校のレベルのために設計されるであろう。

 「私たちはまた、高等学校において、技能職業教育を始め、技術職業教育訓練カリキュラム(TVET)を開始する必要があるかどうかを検討しています」と、ジャイ・ビー・ライ氏は述べている。

 結局、カレッジと学校の卒業生は技能と知識を備えていて、雇用可能でなければならないと述べた。

 7つの学校がTVETの対象に指定され、2020年からパイロットの計画が実施される。

 ジャイ・ビー・ライ大臣は、カットオフ(切捨て)を無くしても、規則上は問題ないと述べた。

 大臣は、施設が不足しているため、教育省は切捨てを行っていると述べた。 「十分なインフラがあれば、切捨てはなく、何の問題もないはずだ」と彼は言った。

 可能な限り同省は施設を増やすつもりである、と彼は言った。 「クラス編成が好ましい状況で増加し、切捨てはそこにはないので、学生は様々な選択肢からクラスを選択するだろう」

 大臣は、教育政策に関する決定を下すには、何千人もの人生と国の未来が関わっているので、徹底的な調査と分析が必要であると述べた。

 DNTはクラスXの現在のカット・オフ・システムを削除し、教育をクラスXIIまで継続することを約束した。 これはその政党によると、クラスXIIまでの基礎教育を受けた人を育て、若者にとっての多くの問題を解決させるだろう。 「今日、クラスXに合格した生徒の50%以上が、それ以降の地区からの支援が限られるために学校を離れる」と党のマニフェストは述べている。

 この変化は、教育システム全体に活力を与え、期待を変化させるものと期待される。そのため、それは強制的ではなく、その方が有利であるとわかって、若い学生はクラスXを超えて学習し続ける。

 ロティ・ツェリン首相は、クラスXの合格率は35%であり、クラスXIへの進学率は50%以上であり、この巨大な隙間に入って、クラスXから脱落する学生が多いと述べた。

 「私はそれが不公平であり、これらの学生はまだ15〜16歳にすぎない」と首相が話す。 「15歳で仕事を探さなければならないとは、社会的にも、法的な観点からも、良くないと感じている」

 首相は、この政策の変更は時間の変化に対応していると述べた。 しかし、政府は合格者を増やし、クラスXIに行くチャンスは誰でもあるべきである。

 ツェリン・パルデン

free joomla templatesjoomla templates
2019  bhutanjoomla2   globbers joomla template